バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

ネイションズリーグ2018 龍神ニッポン

【龍神ニッポン2018】5/26 VNL 日本vsオーストラリアのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

「World League」改め「Volleyball Nations League」…VNLがいよいよ始まりましたね!

これから熱戦が行われます。

16チームの総当たり戦で、毎週開催国に移動し、毎週3試合5週…過酷な大会ですが、龍神ニッポンはどう乗り切るのか気になります。

現在の自分たちのレベルの確認をし、今年の大一番である世界バレーに向けてチームを仕上げていく大会になりそうです。

試合結果

日本 3-1 オーストラリア

実況

試合のポイント:チームの仕上がりは上々。選手の起用法が気になった試合。ストレートで勝ちたかった

オーストラリアは若手中心といったチームでしたね。

リベロのペリー選手以外は、去年観たこともある選手はいましたが、結構入れ替わっている印象でした。

オーストラリアは世界バレーに向けて、この大会で若手に経験を積ませる大会なんでしょうね。

OPのエドガー選手やキャロル選手、OHロバーツ選手など、精神的な柱になるような選手はいませんでした。

だからというわけでもないですが、とにかく相手がまとまっていなかったのでこの試合はできるだけストレート勝利したかったですね…。

日本のブロックが親善試合と雲泥の差。李博選手躍動

この試合は「李博選手の日」と言っても過言ではない試合だったかと思います。

ブロックが素晴らしかったですね…。

リードブロックで対応していて、クイックやbickへの反応がとても早かったです。

久しぶりにブロックを安心して観ていられました。

そしてサーブやクイックもいい…。

あまりボールのメーカーによる選手のサーブの相性は比べたくはないのですが、それでも李博選手とミカサのボールとの相性は本当に抜群でしたね。

李博選手はジャンプフローターサーブですが、サービスエースを取ることもできていましたし、相手にはプレッシャーだったでしょう。

クイックは藤井選手がMBをよく使っていたので、うまく得点できたはずです。

素晴らしかったですね。

対角の山内選手にはまだブロックに課題を感じますが、それでもクイックはほぼ決まっていましたしチャンスボールやディグのボール捌きは相変わらず良かったです。

あとはブロックなんです…本当に。

西田選手、躍動中!

やはり西田選手はいいですね…まだ18歳。

ほとんどのプレーが通用していましたが、たまにブロックでシャットアウトされてしまう場面も。

それでも打っていくし、打点が高いし躍動感も凄い…高卒で日本代表招集というのは全国の高校生にも夢を与えることです。

石川祐希選手もそうだったと思うのですが、西田選手は来シーズンV1リーグでプレーするわけですから、楽しみですね。

今もなお成長中なんです。

スパイクでシャットアウトされることも1つ1つが彼にとってお勉強。

そして2本連続も同じようなミスになることをしないところが凄くて、悪かったり反省点が出てくれば即座に自分で吸収してプレーに反映しまうんでしょう。

吸収力が素晴らしい…。

この大会が終わる頃にはまた見違えるくらいに良くなっていると思います。

今なら西田選手の成長を試合を観ながら追えるんですよ。観る価値ありです。

何だか山本隆弘氏が初めて日本代表に選ばれてきた時を少し思い出します…どんどんうまくなっていくこの感じ。

気になるのは足が動かない人たち…

ブロックがある程度整ってくると、気になってくるのはフロアのディフェンス面です。

何だかコートの中を…いや、外まで走り回っているのがOHの柳田選手のみ…で、そこが残念です。

リベロの井手選手やそばにいる福澤選手がもっといろいろ動いてほしいというか…フライングしても届かなかったり…その前に足を1歩でも2歩でも動かせば拾えるボールがたくさんあるのに…。

代表は実力もある程度ないと、厳しいですよ…。

他のポジションですと良い面が見られたりしたのですが、フロアの問題は去年のままか…というのが残念でした。

1本のボールを諦めるにしても、柳田選手と、井手選手や福澤選手とはボールの食らい付き方が全然違うんですよね。

柳田選手はさらに1本1本の質にも拘っている印象ですし、その辺の精度や足の動かさなさが見えてしまっていて、代表でプレーすることのモチベーションが違うのかなと感じたりしました。

リベロの問題に関しては、翌日のフランス戦も絡んできますが、とりあえず井手選手がボールに触らなすぎるんですよね。

井手選手の前に他のOHやOPの選手がもうボールへ反応できていて、そのまま自分で拾って自分で打ちに行ったり。

そこはリベロの井手選手がリベロだから自分がやるということを見せてほしいですね…フォローされっぱなしです。

経験値の差がまだ埋まっていないんだとは思うのですが。

これでいいのか?と今1番思うところです…。

 

選手交替など1つもなかったですね。

これもどうなんだ…と思います。ある程度選手を交替させながら戦えば、もっと楽に勝てた試合だったかもしれないのに。

どうなんだ…ちょっとわからない部分ですが。

-ネイションズリーグ2018, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.