バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

JTサンダーズ Vリーグ17/18シーズン バレーボール 東レアローズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】2/24 ファイナル6 東レアローズvsJTサンダーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

この試合注目だったのが、ファイナル3の座はどのチームが掴むのか?というところに焦点が当たってきました。

終わってから思うと、この試合はただの序章に過ぎなかったなと思ってしまいます。

試合結果

東レアローズ 3-0 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:ディフェンスも交替も機能しなかったJT

サーブで攻めていたのは東レでしたね。

JTの機能しなさはここまでの試合を思うと意外でしたが。

武智選手と山本将平選手のレセプションでの交錯というか、どちらが取るのか?という状態になってしまったり。

武智選手が将平選手のレセプションをフォローしに入るのですが、ちょっと範囲を広げすぎている面もあるかと思います。

そういうプレーが増えてきた時に、武智選手を吉岡選手に交替しました。

この交替は前回ファイナル6内でも機能したので当然かと思いますが、ディフェンス面でのコート内の噛み合わなさは変わることがありませんでした。

そこでヴコヴィッチ監督は武智選手に戻していましたね。

ここで立て直すことができればもっと違った展開だったとは思うのですが。

ブロックとフロアも整わないし、レセプションも人と人の間に打たれて機能せず…ディフェンスで苦しんだ分、いつものようにブレイクを増やすことができませんでしたね。

理想的な試合運びだった東レ

サーブが良かったですね。

人と人の間をよく狙っていました。

将平選手と武智選手の間に効果的なサーブを打っていましたね。

将平選手が正面でも取れるのですが、武智選手がカバーに入ってその分攻撃参加を遅らせたり。

富松選手か伏見選手かは東レベンチも起用に悩むんだろうな…とよく思います。

今シーズンずっとでしたかね…。

伏見選手スタートからでしたが、途中から富松選手に。またその逆であった試合もありましたしね。

ブロックの効果よりは、サーブが機能するかどうかで、どちらの選手もなかなか安定しない部分が固定に繋がらないのかなと感じています。

ブロックは富松選手の方が効果はあるかと思うのですが、サーブは伏見選手がジャンプサーブですし入ったら1点が取れるという面ですね。

どちらを起用するか…本当に悩んでいるというのが伝わります。

なので、状態を観て交替をするということをしているんでしょうね。

ここが固定してくれるともっとベンチも助かるのでしょうが。


 

ともあれ、この時点で東レとJTがポイントで並び、レギュラーラウンドの順位が反映されるので東レが1つ前に出ました。

東レが翌日3ポイントを取ればJTが3ポイントを取っても東レに追い付くことができなくなるので、ファイナル3が確定します。

そういった状態まで来て…ここまでが本当に序章に過ぎなかったですね…。

-JTサンダーズ, Vリーグ17/18シーズン, バレーボール, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.