バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ17/18シーズン パナソニックパンサーズ 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】2/24 ファイナル6 パナソニックパンサーズvs豊田合成トレフェルサのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

先週の熱戦からなかなか冷めません。

どれも本当にいい試合だったし、パフォーマンスを見せてくれた選手…全てのチームに感謝したいですね。

素晴らしかったです。

その1つですね。

試合結果

パナソニックパンサーズ 0-3 豊田合成トレフェルサ

実況

試合のポイント:万全な準備をして挑んだ豊田合成の勝利

まあ、これに尽きると思うんですよね。

万全なチームとそうでないチームが戦うと、どうしても差が出てしまいます。

しかし清水選手がいようがいなかろうが、豊田合成にとってはパナと戦うことに変わりはないわけです。

どのチーム相手にも勝てるよう準備してきたように思います。

高いパフォーマンスでした…。

サーブの狙いが良かったですね。

クビアク選手に攻撃参加させないようなサーブを打ったかと思ったら、福澤選手を永野選手にフォローに入るのを見て久原選手の方向を狙ったりと。

サービスエースもかなり取れていましたね。

イゴール選手、高松選手、傳田選手のジャンプサーブが機能すればやはり優位ですね。

どうしたって調整不足が見受けられるパナ

もう、清水選手の穴を埋められない…という内容になってきてしまっていますが…それを言ってしまってはおしまいです。

控えの選手が清水選手の替わりでしかない点が残念です。

穴を埋めるのだけがバレーではないですよね。

スタートで入った選手を活かすのがチームの役割だと思うんですよね…。

そこの調整がまだすぐにはうまく行っていなかったんでしょうね。

それで終わってほしくなかったな…というのが正直なところです。

ファイナル進出は決まったので、2週間のうちにどう詰めるかですね…。

ケガはそう簡単に防げるものではないんですよね…。

どう防ぐかよりは、そういうことがあった時にチームのベストを落とさずに戦えるか?だと思うんですよね。

そこをもうちょっと詰めてほしいな…と。

 

ファイナル3を決めた豊田合成はJTと対戦です。

JTか…と肩を落とすファンの方のツイートを拝見し、その感覚はちょっとわかると思いました。

なんか苦手っぽいんですよね…これはもうアンデッシュ監督時代から、越川選手がいた頃からのような気もします。

14/15シーズンくらいからですかね。

豊田合成はスタートのメンバーがあれからほとんど入れ替わっていないのですが、JTの方はメンバーが変わっていても何だか苦手に見えます。

戦っている選手達がどう感じているのかはわかりませんが。

JT相手だと、普通に調子がいいので次の日または次の週勝てそう!と思いきや、コロッと負けたりします。

不思議ですよね。

まあ、どちらが勝つのかはわかりませんが、両者の対戦にはもう何年も注目しているので、とても楽しみにしています。

-Vリーグ17/18シーズン, パナソニックパンサーズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.