バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ17/18シーズン ジェイテクトSINGS パナソニックパンサーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】2/11 ファイナル6 パナソニックパンサーズvsジェイテクトSTINGSのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

試合はもう観戦済みだったのですが、極寒や風邪気味にやられてしまい、書くのが遅れていました…。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-1 ジェイテクトSTINGS

実況

試合のポイント:緊張感のあった試合。集中力が切れた方が負ける

この試合も観ていて痺れましたね…さすがはファイナル6…でしょう!!

パナも大分危うかったのですが、緊張を切らさずによく戦ったと思います。

経験の豊富なところが出ましたね。

ジェイテクトは、若い選手が多い中ですが、3セット目デュースでもつれて、そこが取れなかったというのが4セット目に響いてしまったなという印象でした。

しかし、それまでは息を飲む試合でした。両チーム共に素晴らしいですね。

1セット目から既に試合終盤かのような競り合いで、1点取る度にため息が出ました。

そして、1セット目が終わった瞬間に、観ているこちらも「はぁー」と1つため息が出ました。

それくらいに観ているこちらも緊張しましたし、夢中になっていました。

パナソニックの良かった点は、交替がスムーズにいったことですね。

3セット目途中に福澤選手がブロックを観ずに打ってスパイクアウトになったりして、どうも様子がおかしいなと思ったところ、すかさず久原翼選手に交替。

久原翼選手も役割を果たしましたし、そして4セット目に戻ってきた福澤選手も正気に戻っていた…と言ったら何ですが、元通り冷静なプレーができるようになっていました。

久原翼選手はソツなくこなすタイプな印象です。

新人らしからぬ…と言ったら何ですが、既にプレーが安定していますね。

あの緊迫した試合で途中から入ってプレーをこなすというのは度胸があっていいと思います。

福澤選手のあの変な時間帯は何だったのか…と少し思うのですが、ひとまず何とかなって良かったですね。

川村監督の冷静な判断が良かったです。

クビアク選手vsカジースキ選手、世界を代表するOHの対決が観られるのもこの両者の醍醐味です。

世界のバレーファンからしたら、羨ましい対決でしょうね!

サーブでお互いを狙っていて、エースを取ったり取られたりするたびに本当に痺れました。

負けるのは悩ましいが、プレーは前日よりも良かったジェイテクト

前日よりは本当に吹っ切れたんだなと思いました。

豊田合成の鉄壁のディフェンス相手だったので、前日はスパイク1本決めるのでも本当に苦労していましたが、この試合はパナが大分1枚ブロックになっていましたし、リラックスできたでしょう。

西田選手が本当に凄くてですね。

自分でサーブを打って相手を崩して、返ってきたボールを自分でスパイクを決めて…もう「西田祭」です。本当に。

浅野選手も良かったですね。この日は冷静でした。

浅野選手のスパイクの狙いどころがいいので、詳しくは実況を是非。

あとはMBのクイックとOHのbickがもっとほしいです…やはり。

攻撃の手数はパナには負けていないので、後はどう使うか?なんですよね…。

惜しいんですが、ここを解決しないときっと先が厳しくなります。


 

両者はスパイクの火力が高いチーム同士の対決ですので、本当にスパイクの打ち合いなりました。

ディフェンスは両者共にリーグ内ではいい方ではないのですが、オフェンス面がいいチームですね。

パナは本当にあとは合成戦まで波乱なく行ってしまいそうですね。

ジェイテクトは今シーズン厳しい戦いが続いていますが、ブロックなどのディフェンス面は試合中盤までは集中できていいプレーが観られたと思うので、最後まで徹底できるかどうかだと思います。

-Vリーグ17/18シーズン, ジェイテクトSINGS, パナソニックパンサーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.