バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ17/18シーズン ジェイテクトSINGS 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】2/10 ファイナル6 豊田合成トレフェルサvsジェイテクトSTINGSのミカタ。

投稿日:

昨日は観戦お疲れさまでした。バレーヲタのリオです。

こちらも力の差が出た試合となりました。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-0 ジェイテクトSTINGS

実況

試合のポイント:豊田合成ディフェンスに封じられたジェイテクト。ブロック技術の差が大きいが、攻撃枚数が鍵

こちらも、豊田合成の完成度がとても高くて圧倒した試合でした。

試合序盤から、OH浅野選手やOP西田選手へのディフェンスが整っていましたね。

スパイクを打っても打っても決まらないという状態を作れていたと思います。

ジェイテクト相手にきちんと対策をしてきたのでしょう。

これは整いすぎていて、とてもじゃないけどスパイクはコースを抜けないなと思いました。

そこから西田選手がブロックアウトを取ったりと切り換えてきたので、ようやく勝負になったという印象でした。

ブロック技術が凄かったですね…。

さすが国内トップクラスのMBを擁する豊田合成といったところでしょうか。

あとセッターの前田選手も凄く良かったですね。

スパイカーが安心して助走していたでしょう。かなりいいトスを上げていましたね。

内山選手ではなく前田選手スタートからというのは少し意外だったのですが、3レグの状態を見てのことだったと考えます。

それでもチームが回るのですから問題ないですし、豊田合成にとっては前田選手の活躍は喜ばしいことでしょうね。

ファイナル3以上の進出へ向けて、準備はしっかりのようです。

ブロック技術の差はわかりきっていたこと。これを崩す火力はあるが、攻撃枚数が揃わないジェイテクト

もうブロック技術の差はそう簡単には埋まるものではないです。選手を替えても難しいでしょう。

しかし、そこを突破できるだけの火力は十分あると思うんですよ。

それをどう活かすか?ですよね。

ハイキュー!!の同時多発位置差攻撃です。

OHはレセプションで苦しんでいますが、まず「転ばない」。

打たなくても走ることですね。大変なことではあるのですが、豊田合成のリードブロックを突破するのにはまずそれが必要です。

浅野選手が頑張っていましたが、スパイクそのものは封じられていたので交替となってしまいました。

郡選手はスパイク技術などは十分にある選手なのですが、あまり走らないので…。

西田選手も走ることですね。打たなくても打つつもりで。

MBが問題で、彼らも打つつもりで走っていかないと、豊田合成のブロックは警戒してくれません。

今後の試合も、全員攻撃の場面をどれくらい作れるか?がジェイテクトの鍵を握りそうです。

セッターの久保山選手も3レグの時よりは丁寧にトスを上げていた印象ですが、クイックとbick…真ん中からの攻撃をもっと増やしたいですね。

豊田合成のブロックに福山選手のクイックが苦しめられましたが、どんなに決まらなくても中央突破は有効なんですよ。

bickは決まっていましたよね。

点数にならない分をもっと動き回るチームにならないと、苦しいです。

 

豊田合成はディフェンスが整っているので、ここをどう破るかですね。

MBの働きが素晴らしいので、パナソニックとの戦いは見物ですね。楽しみです。

-Vリーグ17/18シーズン, ジェイテクトSINGS, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.