バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ17/18シーズン 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】1/28 東レアローズvs豊田合成トレフェルサのミカタ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

どうも。バレーヲタのリオです。

先週分がまだ終わりきっていませんが、そろそろ到達しそうです。

レギュラーシーズン最終戦!

試合結果

東レアローズ 3-1 豊田合成トレフェルサ

実況

試合のポイント:東レガチメンvs豊田合成主力抜きの試合だったが、豊田合成が組織で戦い、東レを苦しめた

この試合は、登場から豊田合成のイゴール選手と傳田選手はベンチアウトだった試合ですね。

もう休ませるという意図なんだなと思いました。

それも仕方ない話です。レギュラーシーズン2位通過を確実なものにして、これ以上主力に無理させる必要はないですよね。

東レは3位通過を確実なものにするため、メンバーを現在出場できる主力で固めました。こちらも当然そうだろうと思います。

実況さんの情報によると、シュミット選手の足首の具合は8割という情報でした。

この辺で無理をさせるかさせないかは監督の判断となります。

ですが、シュミット選手はベテランの域のプロ選手ですし、今後コンディションはしっかり整えてくるはずです。

東レは特に何もせず、勝つためにしっかりやりたい試合でした。

途中戸嵜選手を鈴木悠二選手に交替してみたり、また戸嵜選手を戻してみたりしていました。

これについては、勝負どころで鈴木悠二選手に頼りたかったところ、あまり調子が出なかったので戻したのだと思います。

両MBを2枚替えしているシーンもありましたが、それについては交替の意図はあまりよくわかりません。

豊田合成に負けるわけにはいかなかったのですが、1セット取られたのは、豊田合成がチームとしてまとまるようになってきたからでしょう。

控えが多いとはいえ、組織できちんと戦っていたので、気を抜いている場合ではなく、思考が必要だったと思います。

そこはストレート勝利といきたかったところでしょうけどもね。

即席メンバーにも関わらず、チームが徐々にまとまっていくのを感じた豊田合成

豊田合成はスタートは内山選手、近選手、白岩選手を登場させましたが、敢えて途中で交替。

OHに山田脩造選手新井選手対角、OPに黒澤選手、MBは山近選手高橋拓也選手、S前田選手、L川口選手をほとんど起用して戦っていました。

前日の東レパナ戦もそうだったのですが、凄く新鮮でした。見ていてワクワクしました。

今シーズンほとんど出場したことがない選手もいました。特にOPの黒澤選手とMBの両選手とLの川口選手ですね。

最初は確かにちぐはぐだったのですが、前田選手が入ってから山田脩造選手にトスを持っていって全員で戦えるようになると、徐々に接戦になりました。

2セット目以降が良かったですね。

前田選手のセットアップは安心してスパイカーが走れていたようなのですが、内山選手の状態が少し気になるところではあります…。

山田脩造選手はスパイク打数も50本を越えていたでしょうし、かなりスパイクを決めることができていました。

あと何と言っても、バックアタックでライトからも中央からもいろんな場所から走っていき、決まらなかったらすぐに助走距離を確保するために素早く下がり、また全力で助走し打っていく…ということを本当によくやっていたのが良かったです。

このプレーは点数にはなりませんが、素晴らしかったですね。

豊田合成を救っていたと思います。

そして他の選手も、いつもの豊田合成のディフェンスをコート内で再現できるんですよね…ここがまた本当に素晴らしい。

ブロッカーはコースを塞いで、抜けたコースにはフロアのディフェンスが待っている…。

リベロの川口選手も合成に入ってからここまでフル出場している姿はほとんど見たことがなかったのですが、古賀選手がいるのと変わらないような動きですね。

即席チームではあるので、リベロや他の選手が山田脩造選手の助走の経路を塞いでいた部分はかなり目につきましたし気になりましたが、今後チームとして詰めていったらそういったことはコミュニケーションですぐに解消されていくはずです。

この辺が東レも苦戦した部分です。

4セット目には、OHにピンチサーバーで登場する岡本選手がOHとして入ることでビッグサーブでチャンスがつかめるようになり、デュースにもつれる結果に。

控えメンバーの構成ではあるのですが、実のある試合になりましたね。

 

こういった試合は控え選手の能力が試される場でもあるのですが、勝敗は少し見えている部分もあります。

しかし、控え選手にも戦術…チームのコンセプトが浸透しているので、主力と比較してしまうと技術面で確かに差はあるのですが、豊田合成というチームのバレーはそのまま再現できるんですよね。

そして競り合うし、セットも取れるんです。

他のプレミアのチームにも是非…。

主力がいなければそのまま負けてもいいという訳ではなく、1試合1試合を無駄にしていなくて、出場した選手にも実のある試合となりました。

-Vリーグ17/18シーズン, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.