バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ Vリーグ17/18シーズン 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】1/20 JTサンダーズvs豊田合成トレフェルサのミカタ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

どうも。バレーヲタのリオです。

先々週の試合記事となってしまいましたが、めげずに上げていきます。

っていうか、この試合はとっても面白かったので!

基本的につまんないボールの落とし方をしない両チームなので、サーブ勝負です。

もうDAZNでは観られないので、Vリーグオンデマンドに登録済みの方はぜひ。

試合結果

JTサンダーズ 2-3 豊田合成トレフェルサ

実況

試合のポイント:現時点では実力や完成度がやはり上な豊田合成。JTはメンバーチェンジで状況を打開した試合

この試合は、取って取られて、また取っての試合でした。

最終セットになってくると、やはり地力の差が出たかなという印象です。

JTは2,3セットを取られてから、4セット目以降は内定の武智選手が登場します。

それまでは吉岡選手が出場していましたが、どうしても合成のサーブに押されてしまったんですね。

1セット目や2セット目の中盤くらいまではかなり耐えていたと思います。

合成は主に吉岡選手をサーブで狙い続けていましたからね。

4セット目以降は、武智選手が入り、合成はサーブの狙いを山本将平選手に切り替えます。

将平選手、スパイクではいい印象を残せていないのですが、レセプションやブロックタッチしたボールのディグなどはかなり上げているので、チームには欠かせない存在でしょう。

将平選手は低い平行トスを辞めたらいいと思うんですけど…。

今シーズン、ふわっとしたトスをブロックを見ながら打っている時の方が印象がいいです。

案外ハイセットはしっかり決めている面もありますしね…トスは高い方がいいのでは…と思ってしまいます。

替わって入った武智選手ですが、サーブも走っていましたし、レセプションも綺麗に上げていました。

イゴール選手のサーブが、正面でしたが少し前に落ちた時もしっかり対応していて、今後もやってくれるのではないかと思いました。

武智選手の様子を観ていると、もっとサーブを受けたい!と思ってるようなワクワクしていた印象でした。

今後はスパイク面ですかね…やはりエドガー選手に負担がかかりがちなので、そこをOHやMBで切っていきたい。

楽に勝てなかった試合

合成的には、もっと早く勝負をつけたかったという気持ちもあったかもしれません。

4セット目はJTに追い付けないままでしたからね。

そこをもっとサーブで崩していきたかったのでしょう。

JTがメンバーを替えてきた後も、すぐに対応したかったですね。

しかし、この試合は、1セット目中盤でセッターを内山選手から前田選手に替えています。

そして途中から山田脩造選手も久々に長く出場していました。

このメンバーチェンジは凄く良かったと思います。

特にセッターの交替は、内山選手の調子が悪いのは観ているこちらにもわかったので、かなり早めの対応でしたがこのままだったらズルズルと負けていった可能性もあったと思います。

ポジティブなメンバーチェンジでしたね。

あと前田選手が以前出場していた時は、前田選手が入るとスパイカーのタイミングが狂っている時も見られたのですが、今は全然そんなことはなかったですね。

きちんと合わせて前田選手がいつ出場してもいいように準備していたのだと思います。

山田脩造選手は結構セットの終盤の起用が多かったので、入っても特に慌てる様子はなかったですしね。

むしろこの2人が入って勝てていることはチームにとって大きいと思います。

チーム力が高まっているのも見せつけてくれました。

 

次の日の試合で、豊田合成は前田選手と山田脩造選手をスタートから起用するんですよね。

いいアピールになったと思います。

こういったチーム内の競争がチーム力も高めることにもなるので、チームとしては喜ばしいでしょう。

JTも交替でレセプションが対応できたことが大きく、次週で武智選手がスタート起用でしたからね。

こちらも素晴らしい。

終盤で主力に疲労が出てくる時期ですが、今シーズンはさまざまなチームの姿を見ることになりそうですね。

-JTサンダーズ, Vリーグ17/18シーズン, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.