バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ17/18シーズン サントリーサンバーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】1/21 サントリーサンバーズvsFC東京のミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

こちらもファイナルステージ進出がかかった試合でしたが。

試合結果

サントリーサンバーズ 3-2 FC東京

実況

試合のポイント:食い下がったFC東京。両チーム共に譲らなかった試合

この試合も、素直に「面白かった!!」という言葉に尽きます。

サントリーは自力でのファイナル進出がかかった試合でしたが、残り3試合と余裕がありました。

堺が負けてしまえば自動的に行けるという条件もありましたしね。

FC東京はファイナルステージ進出はなりませんでしたし、主力であるペピチ選手や手塚選手がチームを離脱しているという苦しい状況です。

どう戦うのかと注目して観ていたのですが、FC東京は全力でサントリーにぶつかっていきましたし、サントリーもいいパフォーマンスをしていたので、かなり面白い試合が観られました。

コンディションが悪かったり、選手に疲労がかさんでいたりするとチームが崩れてしまいますが、両チームはそんなことはなかったですね。

最終的にサントリーがフルセットの接戦を勝利しましたが、勝った要因は5セット目ですね。

サーブで攻め続けましたし。

4セット目を取られてしまいましたが、4セット目はもう「サントリーがこのまま3-1で勝つんじゃないかな」という勢いでした。

しかし、FC東京の長友選手の勝負強さにやられて最終的にはセットを取られてしまいましたが。

そこで崩れずに5セット目は切り換えて戦うことができたと思います。

ヒーローインタビューは大宅選手でしたが、個人的には栗山雅史選手にお願いしたかったですね…。

栗山雅史選手がハイセットをかなり打ってくれましたし、チームが楽にブレイクできていたと思います。

大宅選手も良かったのですがね。

クイックも使いながら、サイドも勢いのある選手を活かすトスを上げていました。

ジャン選手も良かったですし…。

5セット目だけが勿体なかったFC東京。サントリーを苦しめた

FC東京は負けましたが、内容はかなり良かったですね。

まず主力で得点源になる選手を2人も欠いている状況でしたが、今はケガの功名という面もあったかと思います。

OHの佐藤選手とOPの鈴木健太選手が良かったですね。

両選手のジャンプサーブはかなり効きましたね。サービスエースもかなり取っているはずです。

4セット目の終盤、長友選手が本当に凄かった。「長友!」と何度ツイートしたか。

とまあ、サイドが良かったことももちろんですが、この試合のセッターは手原選手で、かなり栗山英之選手のクイックを使っていたという部分もポイントが高いです。

かなり栗山英之選手に頼っていましたね。

やはり手原選手から栗山選手へのクイックは見た目も決定力も抜群です。

良かっただけに、5セット目が惜しかった…。

サントリーに連続ブレイクを許してしまいましたね。

何とかすぐに切りたいところだったでしょうけど、焦って栗山英之選手のクイックを使ってしまった面もあり、栗山選手自身もキレがなくなり決まらなくなってしまいました。

そこが決まるようになってくると、勝率はもっと上がるかと思います。

このチームは勝ち方はもうわかっているようです。そんな戦い方です。

サーブで攻めて、相手の攻撃の選択肢を減らし、ディフェンスは1人ではなく組織的で綿密に動き、トランジションを物にする。

あとは本番の試合で、クオリティーを落とさずにパフォーマンスできるかどうかが1つの壁になりそうです。

サントリーは堺が勝ち点0だったので、ファイナルステージ進出が決まりましたが、まだ負けられない試合が続きます。

順位を少しでも上げていくとファイナル6通過が楽になりますからね。

昨年ジェイテクトがレギュラーシーズン5位からファイナル3へ進みましたが、それまではなかなか現れませんでしたし。

JT戦・堺戦ですが、反撃に遭う危険性もあります。

FC東京は離脱中の選手達が復帰するとさらに面白くなりそうです。

残り2試合となりましたが、面白い試合が観たいですね。

-FC東京, Vリーグ17/18シーズン, サントリーサンバーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.