バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ17/18シーズン ジェイテクトSINGS バレーボール 東レアローズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】1/21 東レアローズvsジェイテクトSTINGSのミカタ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

どうも。 バレーヲタのリオです。

この試合は今シーズンでかなり重要な試合だったですね。観られて良かったです。

試合結果

東レアローズ 1ー3 ジェイテクトSTINGS

実況

試合のポイント:サーブとトランジションを制して振り切ったジェイテクト

この試合はジェイテクトが勝てばファイナルステージ進出という試合でした。

東レにとっては、順位を1つでも上げていく為の試合です。ファイナル6を楽に戦う為には、少しでも順位を上げたいですよね。

東レもこの試合に賭けていた部分があり、前日の試合はスタートからではなかったシュミット選手をスタートから起用していました。

ここからも本気度がわかります。

しかし、シュミット選手の足はまだ万全ではないそうです。試合中に実況さんが6割だとおっしゃっていました。

確かに、いつもの打点ではない…。

ジェイテクトがサーブと、レシーブからのトランジションアタックを決めていったのが主な勝因かと思います。

取られたセットは東レの部分で書きますが、ジェイテクト側が特に悪い様子はなかったですね。

勿体なかったのは、スパイカーを順番に使っていってどこもシャットアウトされてしまった場面ですか。そのくらいで。

もっと工夫したかったですね。

ジェイテクトは得意なサイドスパイクがどんどん決まっていたのが良かったです。

特に浅野選手の効果率が高かった…!

ここ数試合、こんなに決まっていたでしょうか…しかし、浅野選手が活きました。

ライトから高校生OPの西田選手がかなりスパイクを打ち込んでいたので、浅野選手も楽になったのではないかと思いました。

サーブはエースも出ましたし、東レが攻撃参加しづらそうなところを狙っていたのでプレッシャーになったと思いました。

なんかどん底を観たような気がしていたので、こんなに良くなって本当に安心しました。

ファイナル6も頑張ってほしいですね。

工夫は見られたが、勝つには至らなかった東レ

東レはシュミット選手が万全ではなくてその代わりの攻撃と、1セット目は西田選手に打たれ放題だったのが修正ポイントだったと思います。

しかし、試合中に修正は大分できていたかと思います。

特に取った3セット目は、西田選手をディフェンスで封じ込めつつ、攻撃はクイックや戸嵜選手や米山選手を中心にしてセットを勝ち取ったと思いますね。

西田選手へのディフェンス対応はお見事でした。

1セット目は様子を見て、2セット目以降にブロックなど詰めてきたと思います。

4セット目くらいには、西田選手がそれをさらに越えてきたという感じでしたね…。

サーブも攻めていて、3セット目が1番良かったと思います。

今後に向けてはいい試合内容でしたが、これで勝つにはもう1つ工夫が必要ですね。

ジェイテクト側のディフェンスにもやられてしまいましたが。

試合前に既に堺が勝ち点0だったため、ジェイテクトは勝てば自力でファイナルへ行ける。

そんな試合で勝てたのがジェイテクトにとって良かったと思います。

今後は東レのように試合中に西田選手へディフェンス対応してくるチームが増えるでしょう。

そうなったときに、彼がどう戦っていくのか?には注目です。

あと浅野選手のスパイクが決まればチームが楽だなとしみじみしました。

もちろんクイックもbickももっと増えていってほしいですね。

クイックはMBがきちんと助走することも大事です。

東レのMBみたいにいつでも入ってきてほしいですね。

-Vリーグ17/18シーズン, ジェイテクトSINGS, バレーボール, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.