【Vプレミアリーグ男子17/18】1/21 堺ブレイザーズvs豊田合成トレフェルサのミカタ。

どうも。バレーヲタのリオです。

観ていて辛かった試合でした…。

試合結果

堺ブレイザーズ 0-3 豊田合成トレフェルサ

実況

試合のポイント:最後はスタメンと心中してしまった堺…打つ手がなかったのかどうか

豊田合成は良かったです。

まだ前日の試合を観ていないのでわかりませんが、この試合はスタメンをいつもと少し入れ替えていました。

セッターを前田選手に、そしてOHに山田脩造選手を起用したのは、ファイナル6へ向けて戦力の状態の確認をする意味もあったと思われます。

さらには戦力を高めて挑もうという意図ですね。

その辺はファイナル6を早くに決めたという余裕もあるでしょう。

特に山田脩造選手が入ることでレセプションの関係が変わりますので、チームとして慣れておきたいという意図も感じます。

白岩選手の時はリベロの古賀選手と一緒にレセプションに専念する形ですが、山田脩造選手は中央からのbickに助走に入りますから少し変わってきます。

そこを内山選手だけではなく、前田選手にも試合に慣れてもらう。

前田選手起用は前日の試合を観てみないとしっかり見えてこないとは思いますが。

それでも最後までトスを上げきっていたので、チームとしても上々だったと思います。

傳田選手のサーブが走ると勢いづきますね。

さらに高松選手のサーブが走るともっと相手にプレッシャーになります。

ジャンプサーブ勢の力が今後も鍵を握りそうです。

ファイナルへ向けて調整を続けるようですね。

スタメンと心中してしまった堺…

もう本当に残念でした。

勝ち点が取れなければ、ファイナル6行きがさらに厳しくなるというこの試合。

ギリギリのところで選手達は戦っていたと思いますが、もっと何とかならないものか…。

特に3セット目ですね。

豊田合成はコンビバレーとかでもなくシンプルなバレーなのですが、クイックに釣られるわサイドも打たれ放題。

特にブロックアウトの遠くへ飛んでいったボールをもっと拾って繋いでチャンスを掴みたかったはずでしたが、それもできず…。

なぜかOHがブロックアウトのケアをせず、強打に構えていました。

ブロックアウトされないでコースに打たれるつもりでディグに入っていますが、ブロックとの連携はできておらず、MBが間に合わないので当てて出される…それを拾えないという悪循環…。

そもそも、佐川選手のセットアップがどうも安定していなかったのに、セッター交替という選択肢を考えなかったベンチはどうなんだと思いました…。

一旦引っ込めて挽回のチャンスを与えても良かったはずです…。

その辺がどうも理解できず…最後は打つ手がなくなり、そのままスタメンと心中でした。

OPウォレス選手以外にも、OHの高野選手も堤選手も若くていい選手なのに、彼らを活かせず…。

悔しそうな表情を浮かべる若手選手達を不憫に思いました…。

[originalsc]

まあ、今年は幸いというか入れ替え戦がないので、堺は来年リベンジを狙うしかないですね。

それまでにいいチームをつくってほしいです…監督を替えて。