バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ17/18シーズン ジェイテクトSINGS

【Vプレミアリーグ男子17/18】1/13 FC東京vsジェイテクトSTINGSのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

今週は1試合のみのため、これが今週最後の記事なりますか。

試合結果

FC東京 3-1 ジェイテクトSTINGS

実況

試合のポイント:ペピチ選手のアクシデント後まとまったFC東京に地力が付いてきた。ジェイテクトは迷走中

FC東京、2勝目でした。

サーブの狙いが良く、優位にたてたので2セットを楽に取ることができたと思います。

この試合は、3セット目にペピチ選手が味方の足を踏んでしまい、離脱するということがありました。

軽い捻挫だといいのですが…。

しかし、その後起用されたOP長友選手、OH佐藤選手が役割を果たして勝利します。

3セット目は序盤からジェイテクトが意地を見せ、大量リードしていたので、万全だったとしても追い付けたかなと…逆にそれで切り換えができたのかもしれません。

天皇杯までは手塚選手の対角のOHで入っていた長友選手でしたが、今回はペピチ選手の替わりにOP起用となっていました。

長友選手はレフティですし、ライト側からの攻撃がとてもいいんですよね。

前衛からでも後衛からでも「C1(スロットC(ライト)からの1stテンポのスパイク)」。

これがジェイテクトのブロックを惑わせたと思います。

1stテンポのスパイクなので、ブロックの完成前に打つことができます。

それまで出ていたペピチ選手とは全くタイミングも異なります。

しかも、長友選手はOPで入ってレセプションに参加していました。

リベロ橘選手と手塚選手(またはレシーバー山本選手)と3人で取る場面もあったので、こういったことは最初から想定して戦えるように準備していたようですね。

アクシデントでなくても2枚替えとして準備していたのかもしれませんし。

そして前衛OHの佐藤選手をレセプションから外し、スパイクに専念してもらうといったこともしていました。

実況と解説は活躍した佐藤選手に目が行っていたようですが、私は長友選手が良かったなと思いました。

ケガの状態は気になりますけれども…。

決まったときに他の選手は喜んで走っているのですが、長友選手はあまり走っていなかったり…そういうところを見ちゃいましたね。

まあ、無理して走る必要もないと思うので、良いのですが。

ペピチ選手も早く戻って来られますように。

重症なジェイテクト

内定の高校生・西田選手は頑張っています。

パワフルなスパイクで、レシーブを弾き飛ばす辺りはいいですね。

サービスエースも数本出ていましたね。浅野選手、福山選手、久保山選手…。

選手個人が調子を落としているという風には思えません。

あとはチームとしてどうなのか…といった部分ですが。

カジースキ選手の不調はありますが、ジェイテクトはサーブで攻めていましたし、カジースキ選手もそこまで失点は出していなかったように思います。

しかし、なぜこんなにもチームが回らないのか…。

質問箱にも来ていたので昼間に呟きましたが…。

まだファイナル6の可能性はあるので、諦めずに立て直してほしいですね…。

-FC東京, Vリーグ17/18シーズン, ジェイテクトSINGS

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.