【Vプレミアリーグ男子17/18】1/13 堺ブレイザーズvsJTサンダーズのミカタ。

昨日は観戦お疲れさまでした。バレーヲタのリオです。

3会場1試合ずつということで、バラバラにスタートだったのですが、DAZNが見逃し配信をもっと早くしてくれたらな…と少し思いました。

試合結果

堺ブレイザーズ 0-3 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:新戦力を加え、仕上げが上々なJTが堺を寄せ付けず。堺は手を打つのが遅かった

出耒田選手の離脱がとても響いているなと感じた試合でした。

JTの攻撃はコンビバレーというよりはオーソドックスなチームなのですが、それでもブロックがバラけてしまって観ていて悲惨だなと思ったほどでした。

ディフェンスの要になる出耒田選手がいないことが苦しいですね。

JTは内定の小野寺選手が選手に引き続きMBとして出場。

堺のクイックに対してはどうブロックを着いていけばいいのか迷っている様子でしたが、サイドへは遅れてでも手を出しに行っていましたし、十分通用しています。

クイックの打数も大分多かったですね。

先週よりはクイックの打点が高くなってきていると思います。

MBでいいですね…本当に。

ご本人に向いているポジションでじっくり成長してもらいましょう。

JTは山本将平選手がレセプションやディグでフロアを支えていて、さらにリベロの井上航選手もいて、かなりディフェンス力が高まっています。

将平選手はスパイクでは低めのトスを打ちこなせず苦労していましたが、ディフェンス面では外せない存在になりつつあります。

逆に対角の2番OHは打つのがうまい吉岡選手なので、そこで補い合っていますね。

エドガー選手も他の選手にアドバイスをしながらスパイクも決めてくれますし、頼もしい存在です。

JTもファイナルステージに向けて仕上がってきているなと感じます。

序盤は本当にひよっこな状態だったのに。

手遅れになる前にどうにかしたい堺

私はセッター交替はもっともっと早くお願いしたかったですね。

ウォレス選手に頼ることは仕方がないことですが、そのウォレス選手が打ち損じたりしていたら、ちょっと考えなくてはならないですよね。

それなのに、3セット目でJTが20点に乗ってからようやくセッター交替を決断した堺ベンチ…いくら何でも遅すぎました。

JTはあと5点で勝利なのに、5点差ある状態でやっと投入だなんて…。

まだ1年目の山口選手にどうにかしろと言うにもさすがに無理がある話です。

ブロックがまとまらず、バラけていたこともそうですね。

もっと的を絞っても良かったはずですが…まあ、JTが小野寺選手のクイックをよく使っていたので、そこで迷ったのか…。

JTはあくまでサイド中心のチームですから、クイックに釣られたらセッターの深津旭弘選手の思うツボでしょう。

エドガー選手が肝心なのですから、まず彼にいかに不利な状況で打たせるかを考えたり…とかもなかったのでしょうね。

采配が観ていて悩ましいです。

[originalsc]

堺は負けましたが、すぐ上のジェイテクトも勝ち点が取れずに負けたので、順位は変動しませんでした。

堺は、勝ち点3が取れれば逆転できる可能性もあるわけですから、1戦1戦を大事に戦いたいものです。

戦術がハマらなかった、詰みました。それでそのまま…は避けたいですね。

もっと柔軟に戦わないと。次は上位のパナや合成相手なので、この試合で勝ち点を稼ぎたかったですね。

JTも次週はパナや合成と戦いますが、勝ち点を確保して少しでも早くファイナルステージを決めたいところですね。