バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

Vリーグ17/18シーズン ジェイテクトSINGS 堺ブレイザーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】1/6 ジェイテクトSTINGSvs堺ブレイザーズのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

月曜祝日を利用して2試合観ました。残り2試合は平日夜に1試合ずつ観ます。

今週末は金曜日にサントリーのホームゲームでナイター試合が行われますので、そういうのがもっと増えても助かりますね…。

この試合は、ジェイテクトの内定・西田選手が初登場した試合でした。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 0-3 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:一気に試合を物にした堺。ジェイテクトに隙を与えず

この試合の堺は1セット目を取った勢いそのままで勝利を収めました。

髙野選手の復帰戦でしたが、素晴らしいプレーが多かったですね。

髙野選手はもっと注目されてほしい選手の1人なため、実況はかなり髙野選手で埋まっていますがご了承ください。

後から自分で読み返してもゴリ押し酷いなと思ったので反省です。

ジェイテクトファンの皆様、申し訳ございませんでした。

ここで詳しく書こうと思います。

ともあれ、この試合は2セット目に出耒田選手がケガをしてしまったんですよね…。

ブロックに跳んでから着地する際に味方の足を踏んでしまったのですが、すぐには歩けなかったので心配でした。

抱えられていったので…。

それまではブロックでかなり貢献していたので、惜しいです…本当に。早く治って復帰してほしいですね。

しかし、そんな場面がありつつも堺は手を休めることなく攻め続けて勝利した試合でした。

去年までの堺とは見違える…解説の竹内氏もおっしゃっていましたが、結束力を感じた部分もありましたし、バラバラではなくチームで戦っていたのが良かったです。

髙野選手はブランクを感じず、スパイクでかなり貢献してくれました。

チームとしてはウォレス選手に負担がかかりがちなところを髙野選手が決めてくれたのが助かったと思います。

落ち込むでしょうが、落ち込まないでほしいジェイテクト

今のジェイテクトのチーム状況はというと、「いいバレーができているのに勝ちに繋がらない」「どこか悪いところがあるんじゃないかと個々に気になっているが、明確になっていない」という状況なんだと思います。端から観て。

これは1番フラストレーションが溜まるはずです。

うまい選手が揃っていて苦労しなさそうなのに、とても苦しんでいます。

まずはスタメンなんですけど、この試合のメンバーは開幕と一緒でしたね。

端から観ていて、このメンバーが1番しっくり来るんですよ。そう思いました。

OH浅野選手カジースキ選手、OP清野選手、MB金丸選手福山選手、S久保山選手、L本間選手or興梠選手。

約束事が共有されていて、プレーに迷いを感じないメンバーというか。

レシーブ→トス→スパイク…などそこまでのプロセスがスムーズなんですよね。

ですから、この試合も接戦でしたし、どちらが勝ってもおかしくはなかったです。

ですが、きっとアーマツ監督にはどこか「もっとここを向上させたい」という部分をメンバーチェンジで補おうとする…んでしょうね。

うまい選手が揃っているからこそ、こういう発想だと思うのですが。

スパイクの決定力だったり。特にライト側と思うんでしょう。

清野選手は確かに昨シーズンのファイナル6以降がとても良くて、現在はその頃よりは調子を落としている印象です。

選手は個々に巧い選手が揃っていますが、場当たりで全部うまくいくとは限らないと思うんですよ。

アーマツ監督も少しでも勝たせたいと必死なのはわかりますが、ここで必要なのはチームの話し合いではないかと思います。

ポジションもいろいろ試して、何が良くて何がうまくいかなかったのかを一旦立ち止まってきちんと見つめ直す必要があるのかなと。

チームとしてベストな状態を、現在は見失っているような気がします。

技術的にはトスも伸びなかったりといろいろあるし、リベロも拾いたいボールが拾えなかったりするのがよくわかんないなとは思うのですがね。

監督の言うことを右向けなのは同じ方向を見ていていいことなのですが、どこかで疑問が出たらそれは解決した方がいいと思います。

内定の西田選手は将来有望なことは間違いなしなので、このまま頑張ってほしいですけどもね。

とまあ、チームファンじゃないですが、端から観ていて思ったことを書いてみました。

私も何が原因なのか知りたいという気持ちです。

堺もまだこれからが正念場です。直接対決で勝ちましたが、順位変動はなく、まだまだ負けられないですし。

上位勢から1セットでも多く奪えば、ポイント差が詰まりますからね。

両チーム共にどう戦っていくのかを注目していきたいと思います。

-Vリーグ17/18シーズン, ジェイテクトSINGS, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.