バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ17/18シーズン サントリーサンバーズ パナソニックパンサーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】1/6 パナソニックパンサーズvsサントリーサンバーズのミカタ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

内定選手が続々とVリーグデビューをしているようです。

この試合もそんな試合でした。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-0 サントリーサンバーズ

実況

試合のポイント:パナはパフォーマンスが良いわけではなかったが、自滅してしまったサントリー

この試合は、パナソニック側は深津英臣選手がケガでベンチアウト、サントリー側も岡本選手がベンチアウト・山本湧選手も本調子ではないとのことで、セッターは両チームともにいつものスタメンではない試合となりました。

パナは関田選手、サントリーは内定の大宅選手。

勝敗を分けたのはサーブでいかに崩せていたかだったと思います。

それほど両チームともにサーブが来ていた印象はなかったのですが、サントリーの方はサーブのパフォーマンスが全体的にほとんど上がらなくて厳しい状況でした。

セッターの大宅選手が1番サーブが良かったと思います。

パナはセッターが関田選手だったですが、関田選手のトスはそこまで荒れたりはしていませんでした。

清水選手の動きが本当に鈍くて、助走の開始が遅かったりして関田選手のトスがどんなものが来るのか様子を伺っている印象はありましたが。

関田選手と深津英臣選手ではトスのタイミングなどが異なるので、そこは慣れていくといいと思います。

クビアク選手はいつもより打ちやすそうだったですけどもね。

クイックも結構使っていましたし、パナがブレずに戦えたのではなかったでしょうか。

危なげなかったです。

ここまで来ると、もうパナはファイナル6が決まっているので、OHは福澤選手で行かなくても…若い選手などと思ってしまいますが、どうでしょうね。

自滅してしまったサントリー

いい時のサントリーはエスコバル選手と栗山選手が打って打ちまくってトランジションを制す戦い方になりますが、今日は何と両者ともに不発でした。

これは決してセッターが変わったからということではなかったと思います。

そこまで大宅選手も乱れたりはしていませんでした。

むしろ冷静にクイックやbickを使っていた印象です。

ですが、パフォーマンスが落ちているのですから、もっと早めに交替したかったですね。

サイドスパイカーは、米山達也選手や小川選手がいるのですから、もっと早めに切り換える必要があったと思います。

ベンチが粘り過ぎましたね。

あと結局3セット目に山本湧選手が登場するのですが、ケガの影響とかはほとんど見られずだったのですが、本当にケガだったんです?

大宅選手を起用しつつ、途中キャリアがやや長い山本湧選手を入れる形にしたいなら、普通にそう言えばいいと思うんですよね。

選手の状態のことで嘘をついたら、ケガじゃなかったにしろケガだったにしろ、本当にファンが嫌がると思うんですよ。

だからもっとケガの内容はある程度正直に言った方がいいと思うんですよね。

選手には必ずファンがいますから。

情報が信用できなくなるんですよ。テキトーに言って誤魔化されると、それって本当にファンファーストなの?と思いますよ。

山本湧選手は敗戦処理という形になってしまい、そして大宅選手もこういう起用のされ方すると悩んでしまわないか心配…というどちらのセッターにも気の毒な感じでした。

起用方法はもっとどうにかならないものか…。

解説の今井氏はパナ戦ということでやや贔屓入りましたが、まだサントリー側へのコメントもあったのでこの試合はひとまず良かったです。

この試合は途中でブロックタッチのチャレンジがあるのですが、DAZNの高精細なカメラで観たらワンタッチありそうだったのにオフィシャルレヴューの画像が荒くてノータッチ判定だったのが残念でした。

カメラは本当に考えた方がいいと思いますね…。

それで不利な判定をされたら、チームが納得いかないでしょうし。もっと怒っていいと思いました。

-Vリーグ17/18シーズン, サントリーサンバーズ, パナソニックパンサーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.