バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

FC東京 Vリーグ17/18シーズン 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】1/6 豊田合成トレフェルサvsFC東京のミカタ。

投稿日:

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

新年最初の試合でした。

時間にも余裕があるので、じっくり書けたらいいなと思います。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-0 FC東京

実況

試合のポイント:豊田合成を苦しめられなかったFC東京。豊田合成は危なげない試合運びだった

豊田合成はイゴール選手が復帰してまだ4試合目の試合でしたが、徐々に戻ってきているという印象でした。

本当にまだチームとしてもエンジンがかかっているというわけではなかったですが、危なげなく試合ができたことは収穫でしょうか。

サーブは走っていましたね。

しかしFC東京が大分上げていたので、そこまでサービスエースは観られませんでした。

サーブで優位に立つという戦い方ではなかったです。

それ以外ですと、FC東京側がやや自滅している面が大きく、豊田合成側が特別に何かしていたという印象はなかったです。

目新しかったのは、セット終盤に今までですと高松選手に対して川口選手をレシーバーで入れる場面で、前衛OHの白岩選手を山田脩造選手に交替するということが毎セットありました。

セットの仕上げであろう場面で、前衛の攻撃力アップが目的だと思います。

急に出てきても山田脩造選手は落ち着いてプレーできていましたよ。

高松選手が抜けることの攻撃力ダウンを恐れて…ですかね。

セットアップが途中から安定しなくなってしまったFC東京。その後後手に回ってしまった

1セット目は良かったんですけどもね。

調子が悪いとは思いませんでした。

しかし徐々にセッターの山田要平選手がボールに追いつかなくなっていきました。

豊田合成のサーブが走っていて、ボールが上がったとはいえセッターが大分動かされていたので、スタミナの面もあったかもしれません。

手原選手へ交替しましたが、なかなか立て直すまではいかず…交替そのものは必要だと思いましたから良かったのですが。

工夫はしていたのですが…惜しかったですね。

そんな負けモードになる試合ではなかったはずだったのですが…もうちょっと豊田合成を苦しめたかったです。

ディフェンスももっとサイドへブロックを行きたかったですね…MBのクイックに釣られがちだったのでもったいなかったです。

解説は今井啓介氏。約1年ぶりですかね。

現役時代は元パナのMBで、その後ビーチバレーへ転向しました。

なぜかブロックよりもビーチで培ったであろうサーブの狙いとレセプションの解説が得意分野のようです。

パナ戦以外は、贔屓目なく両チームへ平等に、そして良いところを見つけてくれる解説者なので、とても聞きやすいですよ。

本業もあるのでしょうが、今の時期じゃないと来てくれないんですかね…もっと早くても良かったのにと。

-FC東京, Vリーグ17/18シーズン, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.