【Vプレミアリーグ男子17/18】12/10 パナソニックvsジェイテクトのミカタ。 – バレーボールのミカタ

【Vプレミアリーグ男子17/18】12/10 パナソニックvsジェイテクトのミカタ。

どうも。バレーヲタのリオです。

後から試合を観て納得しました。

[originalsc]

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-1 ジェイテクトSTINGS

実況

この試合はジェイテクト側からすれば、クビアク選手はコートにおらず、清水選手・深津英臣選手は下げることができたので、喉から手が出る程ほしかった勝利だったと思われます。

でも実際にそうはいかなかった。

それはなぜか?ということを考えていきます。

パナは前日の試合からしても、クビアク選手と清水選手の調子は決して良いとは言えませんでした。

だから、コートから下げたのは、「両選手の状態が悪い」ということを考慮しなくてはならないですね。

私は状態の悪い選手を無理矢理出すよりも状態の良い選手で戦った方がいいと思いますし、パナはそれを実戦したまで…と思います。

替わった関田選手や今村選手、久原翼選手は、明らかに状態が良いのです。

それに対して負けたというのはジェイテクトはショックを受ける必要がないと思っています。

相手は「状態が良い」ので。

そしてジェイテクト側はというと、状態が良いとは言えなかったですよね。

そりゃ勝てないよっていう話です。

MBも必要ですが、柳澤選手と浅野選手である程度点数を稼がないと、OPのカジースキ選手に負担がかかってきます。

それでもセッターの久保山選手はクイックは多く使っていましたので、それは良かったんですよ。

スパイカーの状態を見極めた結果、どうしても最終的にはカジースキ選手に頼みがちになってしまったんです。

OHの調子がいまひとつですと、レフトからもそうですが、中央からのバックアタックも使いづらいですよね…。

ということで、久保山選手も途中で手詰まってしまったのでしょう。

もっと度胸が必要ですね。恐れず中央からのbickをもっと効果的に使いたいです。

特に山内選手が前衛の時は中央からの攻撃が通りやすいので…bickがあればもっと混乱させることができたはずです。

交替もいろいろありましたが…2枚替えに失敗したり…。

アーマツ監督はまだ監督としては手探りな状態が続いていますから、2枚替えはしばらくいらないのではないかと思います…。

2枚替えは難しい選手交替で、他の外国人監督はレギュラーを休ませるような時にしか使っていませんし。

セットポイントでセッターの渡辺選手のトスミスなどありましたが、ご本人は凄く落ち込むだろうなと思いますが、これも経験ですから、今後に活かしてほしいですね。

パナにはジェイテクトが自滅したので、お得な試合でした…。

もっと状態のいいチームと戦っていたら、なかなかこういう展開は難しかったかもしれませんよ。

交替は早めに見極めることができた川村監督の采配が良かったです。

 

審判にイラっとした話を少し…。

あの、ダブルコンタクトもそうなんですが、ホールディングも厳しすぎませんかね???