バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

Vリーグ17/18シーズン サントリーサンバーズ 東レアローズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】12/10 東レvsサントリーのミカタ。

投稿日:

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

この試合も判定でかなりもめました。

前日と違う会場なのに、どうしてこんなにも多いのか!とハズレを引いてしまった気持ちに…。

ジャッジはかなり微妙でしたが、試合の内容は本当にハラハラしたので、この試合も面白かったです。

引き締まったという意味ではJTvs合成の方がありましたが、この試合は本当にどちらに転ぶかわからなかったです。

試合結果

東レアローズ 3-2 サントリーサンバーズ

実況

ジャッジのことは置いておいて、サントリーは2セット先取してからブロックがバラけ始めたのが残念でした。

それさえなかったら、もっと早く試合が決着していたかもしれないと感じています。

それによって東レが息を吹き返してしまったなと思います。

セッターの岡本選手がケガで出場できないということで、山本湧選手が1人でトスを上げ続けるというチーム状況も苦しいとは思います。

惜しかったですが、今週の試合は内容が悪くはなかったのではないでしょうか。

東レはチャンスを逃さず、食らいついた点が良かったです。

5セット目のスタートがスパイクミスの連発で、本当にヒヤヒヤしました。

東レの場合はこの選手が活躍したというのはあまりなくて、しいて言うならOHの鈴木悠二選手だったかと思いますが、それくらい満遍なく攻撃で来ていた点も良かったです。

そのおかげでサントリーのブロックが分散し始めてからかなりスパイクが決まりましたしね。

チャンスをグッと引き寄せたと思います。

 

ジャッジは本当に酷かったですね…。

まずはチャレンジですか。

ワンタッチも肉眼で見たらあるのになかったことにされたり、最後のインアウトの微妙なジャッジも前日別会場の似たようなパターンとは異なっていました。

この辺はいずれもサントリー側が損したような形になってしまったというのも残念です。

あと、ドリブル(ダブルコンタクト)は本当に取り過ぎかと思います。

どこを見てジャッジしているのか?

5セット目は本当によくわからないところで、これまたサントリー側が損をする形になったのが残念です。

ここまで続くと、審判が贔屓目でサントリーは何だか冷遇されていて感情的にジャッジされているのではないかと思ってしまいます。

ドリブルは本当に謎でしたし。

ともあれ、あまりもめるのは観ていて気分がよくありませんし、選手やチーム側・試合を観ている人が納得できるようなジャッジを期待したいです。

会場も違うのに、連日続いたので、本当に残念でした。

-Vリーグ17/18シーズン, サントリーサンバーズ, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.