バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ Vリーグ17/18シーズン バレーボール 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】12/10 豊田合成vsJTのミカタ。

投稿日:

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

この試合は本当に終始引き締まっていて、かなり見応えがあった試合でした。

現在2~4位を争っているチーム同士の対戦で、力も拮抗しています。

記事は短めですが、実況をお楽しみいただければと思います。

試合結果

JTサンダーズ 1-3 豊田合成トレフェルサ

実況

豊田合成はまだイゴール選手が復帰していませんが、チームとしてかなりまとまりを見せています。

攻撃枚数、偏りもなくなり、そしてディフェンスを機能させています。

傳田選手のライトからの攻撃、白岩選手の時間差攻撃、高松選手のレフトからのバックアタック…そして山田選手が落ち着いてOPの仕事をこなしてくれました。

近選手も存在感があり、それをセッターの内山選手が支える…古賀選手もレシーブで貢献していました。

なぜ前日の試合でサントリーに負けているのかはまだ見ていないので不思議に思ったくらいです。

出来はJT戦の方が良かったということでしょうか。

JTはというと、あまりセットが安定していなかったことと、今のJTの要になっているエドガー選手のスパイクに対する豊田合成のディフェンスが素晴らしく、封じられてしまったことですかね。

さらには、ブロックがバラけてしまうので、いつものようなディグの良さがほとんど見られなかったですしね。

ディフェンスが機能しなかったことでトランジションアタックでブレイクするという形が連続せず、その間に豊田合成にブレイクされ…。

いい時の状態と悪い時の状態に差が出てきたので、いい時を持続していくことが今後求められるはずです。

ちょっとした部分なのですが、優勝を目指していくには詰めなくてはならない部分ですね。

とはいえ、豊田合成もそうですが、5位以下のチームには確実に勝っていくスタイルなので、上位は今後もキープできると思います。

次回の対戦もこのような引き締まった試合を期待します!

-JTサンダーズ, Vリーグ17/18シーズン, バレーボール, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.