バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。

Vリーグ17/18シーズン パナソニックパンサーズ 堺ブレイザーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】12/9 パナソニックvs堺のミカタ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

この試合は内容の濃い試合でしたね。

短くしか伝えられなくて申し訳ないのですが…実況の方で臨場感を感じていただければと思います。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-2 堺ブレイザーズ

実況

こちらもどちらに転んでもおかしくはなかった試合です。

1,2セットは、パナのセットアップが問題だったと感じました。

深津英臣選手がとにかく安定していなくて、OPの清水選手がバックローテーションなのに、トスをネットに近付けて清水選手が前のめりでスパイクを打っていたり…。

スパイカーが打てない状況が続いていました。冷静さがなかったです。

3セット目以降は落ち着きがあったなと思いました。

堺が勝ってもおかしくはなかったのですが、堺には判定以外にも実は敗因があると思います。

  1. MBをなぜか推測で飛ばせる。ブロックが分散して深津選手に余裕が生まれた。
  2. サーブの効果が高かったのが2セット目まで。
  3. 伊藤選手が苦手なジャンプフローターサーブで狙われた時にすぐ対応できなかった。

特に1.が…。

3セット目以降、パナのサイドのスパイカーに対してブロックが1枚になったり揃っていなかったりバラけたりしてしまうんですよね。これが1番痛かったと思いました。

出耒田選手をなぜ交替してしまったのか…という点は不思議です。

逆に深津選手が落ち着いてトスを上げていくきっかけを作ってしまいましたね。

 

判定は揉めました。

1回目は千々木選手のサーブでインアウトのチャレンジをした時。

判定はジュリーがするものと言えど、ギリギリでしたがあれはインと思うので、観ていてもこれは疑問を持たざるを得ませんでした。

さらに、ドリブルもリーグ序盤から気になっていましたが、ボールを離した後に左右が対称じゃないかとかそういう基準のような気がするので、さすがに厳しすぎます。

最後はクビアク選手のスパイクのブロックタッチでしたが、こちらは判定通りブロックタッチ有りでしょう。

しかしあのサーブのインアウトに関して堺側が納得できないのは理解できます…。

明日には引きずらずにいてほしいですが…。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-Vリーグ17/18シーズン, パナソニックパンサーズ, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.