バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

FC東京 Vリーグ17/18シーズン ジェイテクトSINGS

【Vプレミアリーグ男子17/18】12/9 FC東京vsジェイテクトのミカタ。

投稿日:

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

2レグも終盤です。

今週が終わると天皇杯を挟み、3年明けから3レグが始まります。

ここからが勝負ですので、取りこぼしは注意したいですね。

私も日程が立て込んでいて、きちんと記事が書けなくて歯痒いですが…もうしばらくは短めでいきます。

申し訳ございません。

試合結果

FC東京 1-3 ジェイテクトSTINGS

実況

試合のポイント:どちらに転んでもおかしくはなかったが、選手交替で切り抜けたジェイテクトの勝利

どちらのチームもいいところと悪いところがありました。

FC東京側はサイドセットを安定させようと山田要平選手の起用でしたがなかなかそうはいかず、そしてジェイテクト側は疲労が伺える選手がいたことですね。

しかし、ジェイテクトが選手交替で乗り切った試合だったと思います。

カジースキ選手もそうですが、MB金丸選手、OH柳澤選手…あまりいい状態には見えませんでした。

金丸選手の交替は遅かったですが、柳澤選手への交替は良かったです。

松原選手がサーブやスパイクにと役割をこなしてくれたので、チームが助かったと思います。

FC東京は、サイドもMBも決定力が高いため、あとはスパイカーにどう決めてもらうか…ですよね。

単純にスパイクミス本数はスパイカーだけの責任じゃなくて、セッターも丁寧にしたいなと思った場面が多々です。

レセプションも乱されますが、重要なのはそこからのトスです。

手塚選手にしろ、ペピチ選手にしろ、打てるトスさえあがれば何とかしてくれる選手ですので…。

両エースは好調だったと思います。いい状態でスパイクを打っていましたし、彼らが爆発できる環境がほしいですね。

-FC東京, Vリーグ17/18シーズン, ジェイテクトSINGS

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.