【Vプレミアリーグ男子17/18】12/2 パナソニックvsサントリーのミカタ。 – バレーボールのミカタ

【Vプレミアリーグ男子17/18】12/2 パナソニックvsサントリーのミカタ。

どうも。バレーヲタのリオです。

土日も試合が多くてあたふたしましたが、平日は平日でいろいろ事情があり、今回も実況と少しだけ書いて終わります。

申し訳ございません。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-0 サントリーサンバーズ

実況

[originalsc]

サントリーは本当にセットアップが安定せず苦しんだ印象でした。

レセプションやディグまではいいんですよ。レシーブは上がっています。

そこからのセットアップは重症なくらいにスタートの山本湧選手も後から入った岡本選手もずっと安定しませんでした。

ずっと安定してこないので、スパイカーにはストレスだったと思います。

サービスエースを取られる場面はありましたが、連続して数本やられていたわけではないため、そこまで焦る必要もありません。

セッター問題はちょっと深刻な事態です…。

パナはいつも通り…ではあるんですが、OHにクビアク選手の対角で久原選手がずっと出ていたというのが良かった部分ですね。

プレーも安定しています。

スパイク面ではもっとトスを呼び込んでセッターに信頼してもらうということが必要かもしれません。

準備をしているかどうか?という面ですね。

ツーでも何でもガンガン打ってほしいです。

とにかくサントリーが終始自滅状態だったため、パナから仕掛けている感じはなくて、いつも以上に普通にやってるだけだったな…と。

それなのにたまにセットが乱れたりして凡ミスする辺りがまだ詰める必要があるでしょうけど…。