バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 JTサンダーズ Vリーグ17/18シーズン

【Vプレミアリーグ男子17/18】12/2 JTvsFC東京のミカタ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

取り急ぎで申し訳ありません。

試合結果

JTサンダーズ 3-1 FC東京

実況

試合のポイント:OHに負荷をかける作戦で来ていたJT。FCはレセプションが乱されトスも修正できず

JTはOHをジャンプサーブで狙って、ペピチ選手に攻撃をしぼってブロック勝負でした。

また、時折ジャンプフローターでリベロやOHを動かすサーブを打って、またサイドで勝負でした。

ブロックをサイドへ複数枚という形を作っていました。

3セット目はFC東京がサイドへのトスの精度を高めて競り合い、セットをものにしています。

要するに、トス次第なところもあったんだと思います。

セッターを手原選手から山田要平選手に替えて、サイドのセットが活きました。

栗山選手が戻ってきて、クイックが活きるまでは少し時間がかかってしまいましたが。

スパイカーが打てるとこれだけ勝負になるというのを見せた3セット目でした。

JT側はサーブで狙われて調子を落とした吉岡選手を八子選手に替えましたが、チームとして崩れずに機能できていました。

その辺も勝因でしょう。

 

JTは明日のジェイテクト戦と来週の豊田合成戦が2レグの大きな山場ですね。

ここで勝利すると順位に反映されていくでしょう。

FC東京は、勝つにはどちらのセッターを選択するのか?監督が我慢できるのか?というところが気になります。

-FC東京, JTサンダーズ, Vリーグ17/18シーズン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.