バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ17/18シーズン ジェイテクトSINGS 堺ブレイザーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/25 ジェイテクトvs堺のミカタ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

どうも。バレーヲタのリオです。

土曜分の試合を消化しました。時間との戦いです。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 3-2 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:相手に対する対応力はジェイテクトが上手。セッター交替も鍵になった試合だった

堺は1、2セットを先に取ったんですよね。

順調そうに見えて、だんだんとジェイテクトに対応されていきましたね。

そして、最終的にはどうしたらいいのかと手詰まりになってしまった…そういう内容だったと思います。

まず最初からかなり順調だったのが、千々木選手。

OH5番のポジションに戻ってからこの試合はかなり決めてくれていましたし、これが千々木選手の本来の姿でした。

最後まで持つと良かったのですが、ジェイテクトがそうはさせてくれなかった…という印象です。

千々木選手の調子は試合を通してそんなに変わっていませんでしたが、ジェイテクトが千々木選手の周辺にサーブを打ったり、またはわざと伊藤選手やリベロの井上選手にレセプションをフォローさせておいて、実はbickへの助走の邪魔になっていたり。

伊藤選手は特にバックローテーションでフォローすることを意識し過ぎていて、バックアタックに入ってくれないところもあり、千々木選手が前衛で負担になってしまったり。

そして、千々木選手にトスを上げづらくなり、徐々にウォレス選手に頼りっぱなしになっていきました。

堺的にこういう展開になった場合はどうしたらいいのかという対処が思いつかず、監督が思考停止してしまったようです。

セッター交替もしてみましたが、策を打っている感じではなくて、何となく。

最終的に山口選手に戻し、ウォレス選手が打てなくなり…この辺ですね。

山口選手がずっと安定しているわけではありませんし、佐川選手の起用がもっとあっていいのではないかと思いました。

スパイカーが打てないと意味がないんですよね…。

早めのセッター交替が巻き返しに繋がったジェイテクト

1セット目序盤から久保山選手がどうも安定しなくて、やはり本調子とは思えませんね。

しかし、替わった渡辺選手がいい働きをしてくれました。

スパイカーが安定して打てるようになったし、攻撃枚数も常にありました。

ここで堺のブロックを翻弄できたという面もあったでしょう。スパイカーの助走がブロッカーを惑わせていました。

かなり早めのスイッチではあったのですが、そこで巻き返すことができたというのは渡辺選手にもいい経験になったはずです。

誰が出ても試合で能力を発揮して、結果勝ちに繋がるチームは強いですね。やはり。

スパイクが決まるようになると、今度はサーブで仕掛けていったり。

チームが噛み合うまでは少し時間がかかりましたが、それでも十分実のある試合だと思いました。

 

ケガ人が出てしまい、ヒヤッとした試合でした。

まずは、序盤にブロッカーで出たジェイテクトの袴谷選手。

着地と共に足首をひねっていたので、ひねったまま体重がかかることになりますし、これはかなり痛いと思います…。

足首の捻挫は1週間で治るものもあれば、3週間とか長引く場合もあります。

ひねり方次第ですが、袴谷選手が1番痛そうでした…。

その後、堺の松本選手。

ブロッカー同士の接触で、膝を打ってしまった模様です。

すぐはプレーを続行していましたが、セット間に治療を行い、その後はベンチでした。

同じく当たったカジースキ選手はそのまま出続けていたのですが、どうなんでしょう…。

彼はプロなので、きちんとできるならできるし、プレーできないならできないと言ってくれるはずですが。

ウォレス選手は足を吊ってしまったようです。

トレーナーが足を伸ばしに来て、その後すぐにプレーは続行でした。

なかなかトスとのタイミングが合わなくて、無理に打ちに行く姿もあり…セッター交替でうまく切り抜けたいですね。

皆さん、心配です。

 

解説に対する苦情は実況の方でどうぞ…何だかもうツッコミを入れていて疲れました。

実況も解説もしばらく来ないでほしい…。

-Vリーグ17/18シーズン, ジェイテクトSINGS, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.