バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

Vリーグ17/18シーズン 東レアローズ 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/25 東レvs豊田合成のミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

この試合、当日に観たかったな…なんて後から後悔しました。

試合結果

東レアローズ 3-0 豊田合成トレフェルサ

実況

試合のポイント:イゴール選手不在の中、東レのサーブに対し4枚レシーブで対応するなど意地を見せた豊田合成

後日の試合から観たので、場当たりで選手を入れ替えているのかと思ったほどでしたが、この試合はそんなことはなく…。

スタートのOPは椿山選手、セッターは内山選手でしたが、交替はやむなしだったと思います。

内山選手のトスが低くなりがちな場面で、セッターを前田選手に切り換えたのはお見事というものでしょう。

特に椿山選手→山田脩造選手への交替というのは、スパイクが決まらない云々ではなく、東レのサーブに対してOHをやっている山田選手を入れて4枚レシーブをするためのものでした。

なるほど、と。

それなら、後日のスタメンはこの試合後半と同じ風に戦いますね。セオリー通りです。

この試合の方がディフェンスも機能しているんですよね…。

後日の堺戦、ここまでではなかったので、どうしてこうなった…といった感じです。

まあ、いずれにせよ勝つまでいくには決定力不足ですよね…。

この試合は真ん中からの攻撃が少なすぎて、サイドはよく決まっていましたがセット後半になると苦しくなるという面もありました。

もっと中央からのbickがほしいですね…。

1本高松選手が打ったのですが、富松選手にブロックされてしまい、そこから息をひそめてしまいました。

クイックももっと…まあ、これは次の日の方が使っているんでしょうが、攻撃枚数を増やしたいので、打数はもっとあっていいはずです。

4枚レシーブは良かったんですけどもね…。

東レは安定感を見せた。危なげなくストレート勝利

イゴール選手がいないうちに、どこのチームもストレートで勝ってポイント差を広げたいという気持ちがあるでしょう。

イゴール選手が万全な状態という前提で豊田合成は今まで戦ってきましたが、不測の事態ですから、逆に相手チームはチャンスです。

東レは途中富松選手に替えて伏見選手を起用する余裕すらありました。

こういうのはもっとあっていいはずです。

いつまでも富松選手頼みというわけにはいきませんから。翌日富松選手がベンチアウトなのは謎ですが…。

OHも米山裕太選手が…まあ、なかなか外すわけにはいかなんでしょうね…。

藤井選手もややトスミスが目立つ場面がありましたが、途中からきちんと修正できていたのもポイントです。

最後まで荒れっぱなしではチームが苦しいですからね。

東レは本当に難なく勝利といった具合でした。

 

解説の東レ贔屓がひどいし、それにゴマを擦る実況アナウンサーもダメですね。

まだこの試合は平等だった方ですけど、それでも東レのやっていることが全ていい!という論調はどうかと思います。

実況さんは解説者の機嫌をうかがうばかり…試合を観ているのはDAZNを利用しているお客さんだと思うんですけどもね。

何とかならないものかと…。

-Vリーグ17/18シーズン, 東レアローズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.