バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

FC東京 Vリーグ17/18シーズン サントリーサンバーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/25 サントリーvsFC東京のミカタ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

サントリーのホームゲーム・大田区での試合でしたが、試合開始前にプロジェクションマッピングがあったそうです。

早めに足を運んだ方が良さそうですね。

それぞれのチームごとに、集客のためにいろいろ工夫してくださっているのを感じますね。面白いです。

試合結果

サントリーサンバーズ 3-0 FC東京

実況

試合のポイント:1セット目が試合を左右した。サントリーが逆転で取ってそのまま試合を制した

この試合は、1セット目の出来が非常に響いた試合となりました。

サントリーは今シーズンどうしても試合のスタート…序盤は苦手のようです。

なかなかエンジンがかかっている様子はありませんでした。

FC東京は中盤からサーブをきっかけにブレイク先行していって、リードできていました。

だからこそ、1セット目はどうしても取りたかったんでしょうね。

それなのに、サントリー栗山選手のサーブをきっかけにして逆転されてしまいました。

デュースに持ち込みたかったですが、序盤交替もあって大丈夫かなと思った程の出来だったエスコバル選手が寝ていたと思ったら起きたようで、最後はエスコバル選手を中心に押し切ったという内容でした。

その後はエスコバル選手のプレーも安定していって、そのまま…と。

サントリー的にはエンジンがかかるまでが不安要素でしょうが、かかってしまえばというところでしょう。

やはりOHの出来が良くてもエスコバル選手の力も必要ですからね。

FC東京は1セット目を取ることに拘り過ぎたようにも思います。

セッターを手原選手から玉宅選手に替えたり、他にもOHに守備固めをしたりするのですが、彼方立てれば此方が立たぬといった具合で、玉宅選手はサイドが活きますが安定感はやはり手原選手の方がありますし、守備固めをしてサービスエースは取られないけどもトランジションアタックなどで決定力を欠いたり…。

采配はベンチも頭を悩ませているようですが、守備固めはそんなにやらなくてもいいんじゃないかなと思うこともあります。

手塚選手、長友選手、どちらのOHの決定力が魅力的ですから、何とか彼らを活かしたいです。

セッターについては確かに難しいと思います。

手原選手でうまくいかないからと玉宅選手に替えていい時もあれば裏目に出ることもあります。

そこをどう見極めるのか?が今後鍵を握りそうです。

まずは手原選手で勝利を掴むところまで行くのが個人的にはベストかなと思いますけども…。

MB・栗山選手がコートに戻っていないことも影響がありそうですね…クイックの本数が極端に減ってしまいます。

こういった戦い方は本当にいいものを持っているだけに…。

試合の入りがなかなか機能しないサントリー。セッターは岡本選手をスタート起用

サントリーもまだまだお試し状態ですね。

セッターは山本湧選手ではなく、岡本選手がスタートから務めました。

1セット目のエンジンがかからないのが不安で仕方がないのでしょうが、今日というかほぼ毎回なんですが、どちらのセッターでも1セット目になかなかトスが安定しないのが問題なんだと思うのですが…。

1セット目は2枚替えで山本湧選手が登場しましたが、それまで岡本選手がなかなか安定しなかったのが原因ではないかと思います。

スパイカーは火力が十分あるので、あとはセットアップですね。

スパイカーを活かせるかどうか?がスタートからうまくいくかどうかの鍵です。

サントリーは昔から火力のあるサイドに丁寧なトスを持っていって活かすバレーなので…。

栗山選手・米山達也選手のOHはとても安定感がありますしね。

ジャンプサーブが良ければ優位に立つことができるチームのはずです。

 

サントリーは明日のJT戦、力がほぼ同等だと思うので、どちらが勝つのかということに注目しています。

1レグでは開幕初日に当たったので、お互い探り探りの様子でしたが今は手の内がわかってきたし安定もしてきたので、どういう戦いになるのか見物です。

FC東京は明日パナ戦でキツい試合になりそうですが…何とかセットを奪い、勝ち点を奪ってチームとして成長を期待します。

-FC東京, Vリーグ17/18シーズン, サントリーサンバーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.