バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

JTサンダーズ Vリーグ17/18シーズン 堺ブレイザーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/18 JTvs堺のミカタ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

今週は1試合ずつの週で、助かります。じっくり試合を観ることができますね。

時間差でもう1試合の2セット目から観ることができたので、記事の更新も早くなりそうです。

これくらいの試合ペースなら助かります(笑)

試合結果

JTサンダーズ 3-0 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:堺の自滅。攻撃枚数の確保をしていきたい

先週ケガで離脱した出耒田選手が今週既に復帰を果たしました!

大事に至らなくて本当に良かったです。

それはいいとして、なかなかチームの勝ち星にはつながらなかったのが悔しいところです。

まずはセッター交替をもっと早く行いたかった…2セット目序盤から山口選手の様子がおかしかったので、早めに対応したかったところです。交替は後半になってからでしたから。

ウォレス選手もスパイク時に転んでしまったり、打ち損じたりアウトになってしまうことが多々だったので、まだまだ山口選手との調整が必要だと感じました。

そんな山口選手が徐々に苦しくなるのは、やはり攻撃枚数が足りないからですね。

OHのbickがもっとほしいです。

ウォレス選手、ウォレス選手とずっと上げ続けるわけにはいきません。けれども、サイドアウトはしなければならない。セッターがどこに上げたらいいのかわからなくなってしまいます。

OHの5番を務めた堤選手や千々木選手は積極的でしたが、2番の伊藤選手ですね…。

伊藤選手は元々bickは打てる選手なのですが…なぜあんなにもサボっているんだか。

JTのブロックはわりと釣られやすいので、もっと中央からの攻撃を増やしてブロックを分散させたかったですね。

伊藤選手のサーブは良かったのですが…ウォレス選手と伊藤選手でブレイクが楽になる場面が多かったです。

1セット目は全体的に良かったものの、2セット目以降はサーブがレシーバーの正面に行きがちだったのも痛いところです。

JTはサーブが走った。狙いが戦術通り

JTは伊藤選手をジャンプフローターで狙い、そしてジャンプサーブは堤選手または千々木選手を狙って、レフトからの攻撃をさせないようにしていました。

または助走が遅れてくれるだけでJTの思うツボなんですよね。

それで伊藤選手が守備範囲を広げて守ろうとするのですが、それでももっと鋭いところに攻めてきます。

堺はセッター山口選手とウォレス選手がまだ調整不足。

JTは前衛OHが潰されたりBAがないOHの時はもうウォレス選手頼みになるのがわかっていたので、そこにブロックを当て、ワンタッチからのトランジションアタックでエドガー選手に丁寧に持っていくということをしていました。

そこでブレイク成功を繰り返し、点差が開いていきました。

JTはブレイクに対する意識や集中力が高いチームなので、そこが強かったですね。

堺はまだまだ苦しみそうですね…。

攻撃枚数という意味で、伊藤選手と山口選手がスタートなのが相性が悪いな…と思います。ウォレス選手と山口選手がもうちょっと合うといいのですが。

もちろん伊藤選手が2番に入る方がレセプションは安定しているんですけどもね。サーブもいいですし。

しかし、いざウォレス選手に頼みたいという時に、山口選手と合っていないので困る…。

そこで伊藤選手がbickに入れば山口選手にウォレス以外という選択肢が増えていいと思うのですが。

JTはこういった試合を続けられるとひよっこから抜け出せるなと感じました。

いつもこの通りにできるといいんですけどもね…そこが…。

-JTサンダーズ, Vリーグ17/18シーズン, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.