バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

Vリーグ17/18シーズン サントリーサンバーズ 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/12 豊田合成vsサントリーのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

今週はこれで終わります。

明日か明後日の試合直前までに1レグの総括の記事なんかも書けたらいいなと思っています。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 1-3 サントリーサンバーズ

実況

試合のポイント:豊田合成はサーブの押され負け。逆にサーブで攻めないといけなかった試合

この日はイゴール選手がベンチ外ということで、驚きました。

実況さんによると、膝とかかとのアイシングをしていて、本日は大事を取って試合を見守る形ということでした。

本当に大事な時までは休ませたりするんですかね。

それはいいとして、イゴール選手のいない豊田合成のバレーは「つまらない」の一言です。

イゴール選手がいないから、うまい選手が出ないからではなくて、むしろ替わりに出場した椿山選手のパフォーマンスは凄く良くて、それなのに…だったんです。

まずは攻めのサーブが入ってこない…特に高松選手がもっと入ってこないと勝てないですよね。

これはイゴール選手がいたとしても試合展開が苦しくなってしまったはずです。

あと、椿山選手はイゴール選手の代役ではないので、勝つにはもっと工夫が必要ですよね。

OHのバックアタックがこれっぽっちもない…ここが1番残念でした。まずは攻撃枚数で相手を翻弄しなくてはならないですよね。

高松選手すら走りにいかない…白岩選手も当然のように…ですし、本当に残念とした言いようがありません。

東レvsジェイテクトの試合以来の、やる気を感じない試合でした。

椿山選手のパフォーマンスがとても良かったので、それだけが救いです。

1セット目は動きが良くありませんでしたが、2セット目以降はブロックアウトのスパイクを多用していて、サーブも走りました。

OPとしての役割をきちんと果たしていたと思います。1セット取ったことは椿山選手にとって価値があった試合でした。

今シーズンのサントリーはサーブに注目か

イゴール選手がいなかったということで、サントリーの本音を言うとストレートで勝ちたかった試合だったでしょうね。

2セット先取後1セット取られた時点で、サントリーベンチは動きました。

負けるわけにはいかない。

サントリーはジャンプサーブの選手を増やし、攻撃的布陣になりました。

エスコバル→米山達→塩田→山本湧→栗山

まで、ノンストップでジャンプサーブです。

かなりブレイクが取りやすくなり、最後は一気に試合を決めました。

今シーズンのサントリーはサーブで押すチームにだんだん固まりつつあるようですね。

ディフェンスがあまり良くないので、攻撃を絞るためにはある程度サーブで攻めるというパターンが有効です。

サイドアウトでもトランジションでもスパイカーの火力は十分にあってディフェンスがなかなか…なチームなので、サーブが重要になってきます。

ディフェンスがあまり良くない分、サーブで優位に立って、ワンタッチやディグからのトランジションアタックでブレイクを稼ぐ…そういうチームですね。

スタメンはなかなか固定していませんが、その辺も様子を見ながら戦っているように思います。

相手によって対応するというのはなかなか難しい戦い方なのですが…当たり外れが出てきますからね。

しかし、ジャンプサーブを連続させることに関してはリーグで1番あると思いますし、そこは武器にしていいと思います。

 

これで1レグ全試合を観終わりました。

波乱という波乱はなかったように思います。負ける時はきちんと理由がありますし…。

2レグ以降は相手が1試合ごとにデータも増えて対策してくるようになると思いますから、そこを観ていきたいです。

豊田合成は、イゴール選手がいない時は戦い方をもうちょっと考えてほしいものですね。

セットを取るどころか、勝てなくはなかったですよ。

もちろん最終的にはサントリーがサーブ力で上回りましたけれどもね。

-Vリーグ17/18シーズン, サントリーサンバーズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.