バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

JTサンダーズ Vリーグ17/18シーズン ジェイテクトSINGS

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/11 ジェイテクトvsJTのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

今週は試合の消化は早めです。

残り1試合です。サントリー豊田合成かな。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 0-3 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:後手に回ってしまったジェイテクト。メンバー交替で劣勢から抜け出せず

JTはこの日は本当に「カジースキ選手にプレッシャーをかける」ことに成功していました。

ジェイテクト側は、それをあらかじめ計算しながら先手先手で戦いたかったところです。

しかし、サーブがほとんど入らなかったり…ブレイクを取りづらかったですね。

それも狙ったサーブというよりは、入れとけサーブをミスにしていたんですよね…。

狙ったサーブはアウトになっても相手にとってプレッシャーになるはずですが、JT側はレセプションの数字は良かったですし、プレッシャーなど感じていなかったんです。

序盤は山本将平選手を狙っていましたが、かなり返っていましたしね…。

狙いを吉岡選手に替えてからややブレイクできる場面もありましたが、単発で終わっていましたし。

あと、問題はディフェンスです。

ブロックがザルのようにスパイクが通ってしまう…。打たれ放題でしたね。

Vリーグのチームの場合、わりとザルなチームは多いのですが、エドガー選手のスパイクなどもうちょっとワンタッチをして自分達のコートに入れたかったです。

しかし、エドガー選手へ1枚ブロックはちょっといただけなかった…。

JTはクイックやbickは要所要所で使ってきますが、本数自体は多くはないチームですので、サイドへ2枚いってプレッシャーをかけたかったですね。

そうしているうちに、3セット目はセッターを交替しても立て直せず…若返りましたが、その分戦力はまだ整っていないようですね。

サーブからの戦術が功を奏したJT。カジースキ選手に決めさせなかった

カジースキ選手の打点が高くても、ブロックでかなりワンタッチが取れていた印象です。

ディグ…そしてトランジションの場面で、スパイクがよく決まっていました。

JTにとってはとても楽な展開でした。

エドガー選手とカジースキ選手がマッチアップするようなローテーション回りで、エドガー選手をカジースキ選手にぶつけることでブロックをよく機能させていました。

サーブも良かったですね。

カジースキ選手を狙い、浅野選手のスパイクをブロックで仕留めようという戦術が当たりました。

そして、チームでそれを徹底できたのが勝因ですね。

試合が終わるまで戦術を徹底してやるというのは、簡単そうで実は難しいです。

ジェイテクトのブロックもそうで、アーマツ監督がずっとブロックの跳ぶ位置を徹底させようと思っていてもなかなかできなかったりしました。

JT自身も、この試合のようにいい時はいいですが、違う試合ではそうはいかなかったり。得意のサーブが入らなかったり…。

その辺は当日やってみないことにはわかりませんが、この試合のJTには選手同士の一体感を感じました。

ヴコヴィッチ監督から授けられた戦術がチーム全員に浸透していて、その通りやるだけの状態だったでしょう。

相手がやることを変えてこなかった程に対応で精いっぱいになり追い込まれたのもありますが、まずは戦術を徹底できたというところでしょう。

 

ずっとこういう試合ができるといいのですが…なかなかそうはいかないのがひよっこJT。今後も波乱がありそうです。

ジェイテクトはまだ手数が足りませんね。うまくいかないとやることを変えたりするにもメンバーチェンジしかなくなってしまう。

思い切っていろいろな戦術を出してくるというところまではチームが進んでいないようです。これからですね。

-JTサンダーズ, Vリーグ17/18シーズン, ジェイテクトSINGS

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.