バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

Vリーグ17/18シーズン パナソニックパンサーズ 東レアローズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/11 東レvsパナソニックのミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

今週も観ては書き…の繰り返しです。

試合結果

東レアローズ 1-3 パナソニックパンサーズ

実況

試合のポイント:サーブでの崩し合いになり、競り勝ったパナ。東レはサーブミスを気にしたのか?

この試合はサーブで崩し合いになりました。

相手の嫌なところに最後までサーブを打ち続けることができるか?だったですね。

東レは1セット目は良かったのですが、それ以降はぱったりです。

その後サーブミスがどんどん増えていくのですが、まるで以前の自信はこの試合からは感じられませんでした。

サーブを強化して挑みましたというのは厳しい内容でした。

そして、選手交替もあまり当たらなかった印象です。

どこでその選手を入れるのか?はまだチームとしても方針が固まっていないようです。

ベテランの米山裕太選手の投入タイミングが悪かったようで、それを機に連続ブレイクされた場面もありました。

ベテランが崩されてしまったので、チームとしてはとても堪えたと思います。精神的に苦しくなります。

どのメンバーがベストなのか?はまだチームとして手探りのように感じました。

この辺も2レグ以降でどんどん詰められる部分だとは思うんですけどもね。

シュミット選手の打数がかなり多かったですが、それでも決めきれないのがまた苦しかったです。

他のチームのように、助っ人が打った分できるだけ多く得点に繋げてくれるといいのですが、東レの場合はあまりそうはならなかったです。

他の選手も打っていましたが、本数を増やさないと、シュミット選手ばかりに頼り切ることはできないのかなと思います。

そうなると、シュミット選手の役割がとても曖昧ではあるんですよね…。

役割分担がもっと明確になるといいですね。

クビアク選手、深津選手、白澤選手のサーブでリードしたパナ

この3人ですね。

他の選手のサーブはあまり…山内選手のサーブが一時走った程度ですね。

ジャンプサーブ勢…清水選手と福澤選手は全体的に不発で、入れとけサーブだったです。

レシーバー正面にサーブが来ているにも関わらず、東レがなかなかサイドアウトできなかったというのはありますが。

ディフェンスは勘がハマったらいいけど外すとガラガラなことや、山内選手のクイックはトスが低くなってほとんど決まらなかったり、何でもないトスを無理矢理打ってアウトにしたり…ということは相変わらずやらかしていました。

全てのプレーで安定しているクビアク選手がいてくれるから、まだ何とかなっているものの…。

この辺をもっとあぶり出すチームが出てくるといいですね。

パナはクビアク選手に頼りっぱなしから脱しないと、またどうなるか…とは思います。

 

1レグらしいというか、まだこれからだなぁという試合でした。

今後、両者とも手数を増やすかまとまりが出てくるようになりますし、研究して対策したりされたり…という部分に今後注目して観ようと思います。

-Vリーグ17/18シーズン, パナソニックパンサーズ, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.