バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

FC東京 Vリーグ17/18シーズン 堺ブレイザーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/12 堺vsFC東京のミカタ。

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

この試合はいろいろありました…。

試合結果

堺ブレイザーズ 3-1 FC東京

実況

試合のポイント:アクシデントを乗り越えた堺の勝利。FC東京は交替がやや災い

FC東京は勝てるチャンスがありながら、なかなか…といったところですね。

監督が我慢できないんでしょうね…。

2セット目の終盤の2枚替えなんて、「なぜこのタイミングで?点差もないのに?」と言いたくなりました。

試合を諦めてもらっては困りますね。

ペピチ選手がコートにいてくれたら…と思いました。

コート内は納得しているのか疑問でなりません。

出耒田選手にアクシデント。右膝を痛めた

本当に痛そうでした。

セッターの佐川選手がそばにいて、出耒田選手がブロックから降りた時に着地して痛めたようで、その後倒れこんでしまいました。

そして、なかなか立てなくなって…この起き上がれない、直後に自分で立って歩けない時のケガというのは、酷いものが多いという印象です。

その後、出耒田選手は車椅子にずっと座っていました。

ただでさえ、今髙野選手もケガで欠いているのに、出耒田選手まで…膝は1ヵ月くらいかかるものが多いです。

真保監督も目玉を書き間違えたりするし…。

それでも何とか今いる戦力で乗り切った試合でした。

FC東京の方が戦術のレベルも高いし、ディフェンスもまとまっています。

負けてしまってもおかしくはなかった試合でした。

相手の自滅に救われた形ですが、今後堺はもっと踏ん張らないといけませんね。

 

FC東京は1レグ全敗で終わりました。

勝つまであとちょっとなんですけど…。

堺はまだまだ苦しむかもしれませんが、選手のケガが大事に至らないことを祈っています…。

-FC東京, Vリーグ17/18シーズン, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.