バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

FC東京 Vリーグ17/18シーズン 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/12 豊田合成vsFC東京

投稿日:

どうも。バレーヲタのリオです。

この試合はLIVEで観ていましたが、途中ネットが突っかかってしまい、配信が戻ってくるのを待っているうちに寝落ちしてしまった試合です。

自宅のネット環境は最近凄く遅くなってしまって、悩ましいです…。

試合結果

豊田合成トレフェルサ 3-2 FC東京

実況

試合のポイント:豊田合成はサーブが走ると止まらなかった。FC東京はディフェンスが良かった

FC東京はイゴール選手やクイックへの対応がよく、シャットアウトよりはワンタッチなどでうまく対応できていた印象です。

だからこそ、勝ちたかった…。

あとは豊田合成を苦しめるサーブ…その安定感がほしかったですね。

イゴール選手のサーブが走ると大量ブレイクされてしまい、そのセットはもう追い付けないという状況に。

他のチームで5~8点差をひっくり返しているチームがあるので、勝っていくには、もっとサーブ力が必要でしょう。

ペピチ選手はサーブがいいのですが、他の選手ですね。

それ以外は攻撃や戦術面は悪くはなかったです。

本当に、方向性はとてもいいんです!!

…あとは、勝負所でサイドのエースが何とかできるように丁寧にトスをあげてほしいですね…。

特にアンテナまで伸ばしてくれると大分違うと思うのです。

手原選手がチームを勝たせるようになっていってほしいです。

セットを先行されるも、慌てることなく乗り切った豊田合成

安定感は素晴らしいですね。

OHは高松選手の対角が山田選手がいいのか白岩選手がいいのか…というところはなくはないんでしょうが。

両MBも安定していますしね。

「コミットしても止まらない11」を打ってくる栗山選手に対してのブロックの対応が良かったですよ。

栗山選手もブロックを嫌がっていましたしね。

栗山選手vs合成MBのブロックの対決はなかなか見物です。

…この辺の合成の選手達の巧さがあまり伝わらないのが残念です。

イゴール選手が打って決めるから、イゴール選手に目が行きがちなのはわかりますが、やはり合成のディフェンスシステムは素晴らしいですよ。

攻撃枚数がやや課題ですが…。

 

FC東京がついに勝ち点をゲットしました。

勝つまではもうちょっと精度をあげたい部分があります。サーブとセットアップですね。

「シーズン前はサーブの強化をしてきた」と実況さんがよく紹介してくれますが、ちょっと疑問です…。

ともあれ、2レグ以降はどうなっていくのか楽しみですね。

-FC東京, Vリーグ17/18シーズン, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.