【Vプレミアリーグ男子17/18】11/12 パナソニックvsジェイテクトのミカタ。

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

この試合も見応えがたっぷりの試合となりました。期待通りです。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-1 ジェイテクトSTINGS

実況

試合のポイント:サーブで最後まで押し切れなかったジェイテクト。盛り返したパナソニックの勝利

1セット目こそかなりパナがサーブで押し切られていて、ジェイテクトの方が優位な展開でした。

しかし、2セット目以降、ジェイテクトが受け身になってしまいます。

2セット目以降のパナのサーブは良かったのですが、それに対応するので精一杯になってしまい、サーブで攻め切ることができませんでした。

この日のジェイテクトはいつものスタメンではなくて、袴谷選手や柳澤選手、辰巳選手が入っていました。

それで途中までは戦術通りに戦うことができていたのですが、パナがサーブで攻め始めると苦しくなっていきます。

そこを冷静に対処できるかどうかが控え選手が入っても同じバレーができるかどうか…という境目のような気がします。

柳澤選手は2年目、袴谷選手はMBからOPへ転向後レギュラーを掴んだのはここ数日…という状態ですと、なかなか最後まで徹底することができなかったのかなと。

辰巳選手はベテランの域ですし途中3セット目から金丸選手が入りますが、そこまで悪くはなかったと思います。

とりあえず控え選手にも経験を詰ませたいというベンチの意図を感じました。

OP清野選手が少し体調不良という情報もありましたが。

戦力を固めておくに越したことはありませんから…今後の力になると思います。

クビアク選手のうまさが際立った試合

この試合では、1セット目にアクシデントがあったんです。

カジースキ選手のスパイクを受けた福澤選手の弾いたボールがクビアク選手の左目の方に当たってしまいました。

しかし、途中で戻ってきましたが…何事もなくて良かったです。

クビアク選手のプレーが本当にうまくてですね…。

やはりうまい選手だなとつくづく…つい語彙力を失うくらいには(笑)

レセプションは崩されていましたが、そこからのスパイク、勝負どころのスパイク、セッターが取れなかった時に見せる清水選手へのトスなど、やはり一級品でした。

やっぱりこの選手がいないと、パナはうまく回らないですね…。

とても支えてもらっているので、他の選手の基本プレーのできてなさが目立ってしまうところはあるんですが…。

とりあえずニアネットのトスをブロックが揃っている時に無理矢理打ちに行くのだけはやめていただきたく…。

解説が竹内実さんだったのですが、この日の両チームのサーブがとても良かったので、元OHだった竹内さんのレセプションの解説がとても活きました。

実況で拾っているので、観てみてください。

あと実際に試合を観ながら解説をきちんと聞いてみてほしいです。

両チームのいいプレーがいい解説を引き出すものですね!