バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

FC東京 Vリーグ17/18シーズン 東レアローズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/5 東レvsFC東京のミカタ。

更新日:

どうも。バレーヲタのリオです。

今晩は柳田選手のドイツでもリーグ戦以外にカップ戦が始まるようですが、配信はないようなので残念です。。

ひたすらプレミアを観ます。

試合結果

東レアローズ 3-1 FC東京

実況

試合のポイント:攻めのサーブがレシーバーの正面へ行くと苦しい。左右の揺さぶりを増やせば一気に競り合いに

今日の試合のポイントはサーブとレセプションでしたかね。

そしてサーブを受けるレセプション側も、苦し紛れに上がったレシーブをスパイカーが打てるようなところまで届けることができていたのかどうか?というところが気になりました。

FC東京は戦術的に固まってきているので、敗因が結構ハッキリしています。

サーブに関しては、「攻めのサーブ」と強く打っていくのはいいのですが、アウトになったり、それ以外にも「レシーバーの正面へ行くサーブ」が多く、ブレイクをなかなか取り切れなかったと思います。

レセプションに関しては、エースを取られやすくもありますが、せっかく上がったボールをスパイカーになかなか届けられなくて苦労していました。特に1セット目。

観ていて、セッターの手原選手も焦っていたように思います。

得意のクイックがなかなか合わない、サイドもセッターのトスを伺って助走で出遅れる…。スパイカーが躊躇うので1stテンポじゃなくなっていって、東レブロックが完成してくる…完成前に打ちたいものです。

ここはセッターが自分で考えて修正していかなくてはなりません。

ベンチもセッターと会話する必要がありますし、交替で促すのも手です。

手原選手は2セット目の中盤以降に修正できたと思います。それ以降良くなりました。

ペピチ選手の決定率が非常に高くて、打ったペピチ選手も素晴らしいのですが、セッターの手原選手がきちんと修正できたという点は見逃せません。

サーブ効果がもっと安定して出せれば、勝ち星に繋がるような気もするのですが…。

東レはチームがやや固まりつつある。勝ち方がわかっているところまではもう少しかかりそう

やはりメンバー1人替わった影響はあって、昨シーズンとは違ったチームになっていますよ。だからこそ、まだ固まり切っていないのです。

MBのスタートは前日足をひねった李博選手ではなく、伏見選手でした。

李博選手、この日はベンチアウト…一体どうしたんでしょうね。前日はセット間に対人パスでアップしていましたが…。

酷かったようです…じゃあ、対人パスなんてしなくて良かったのでは…。

伏見選手は、トスが低くなるとブロックにつかまったりもしましたが…クイックはどうもトス次第みたいですね。

せっかく背が高いので、もっと高い打点から打つことを意識したらいいのではないかと思いました。

米山裕太選手も安定していて、どうしてスタートから外れていたのか、疑問に思います。

セッターの藤井選手は、この試合はクイックをあまり使っていなかったのですが、試合後半になっていくにつれて藤井選手らしくなっていったのではないかと思います。

シュミット選手、伏見選手…彼らを入れて、東レがどう戦っていくのか、昨シーズンの優勝経験を捨てて、新しいチーム作りに挑戦してもらいたいです。

ベンチアウトの選手達を観ていて、ケガならともかく、高橋健太郎選手とかもっと出場の場が増えてくるといいですよね…。

FC東京の玉宅選手のように、起用してくれるチームへレンタル移籍するのも手なのでは?と思ってしまいました。

こういう光景はMBだけじゃなくて、他のポジションにもありますけども…。

-FC東京, Vリーグ17/18シーズン, 東レアローズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.