バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ17/18シーズン パナソニックパンサーズ 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/5 パナソニックvs豊田合成のミカタ。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

今日は本当に期待通り!かなり面白い試合になりました。

全勝同士の両者の対戦です。

試合結果

パナソニックパンサーズ 2-3 豊田合成トレフェルサ

実況

試合のポイント:サーブで崩すことがいかに大事か教えてくれた試合

この試合は本当に見応えがあって、パナソニックが本当にサーブで崩されたんですよね。

豊田合成はクビアク選手にほとんどサーブを集めていて、サーブでプレッシャーをかけていたんです。

そして、やっとこさレセプションをあげても、その後のトスが悪くてクビアク選手が得意のプッシュをしますが、それも豊田合成に押さえられてしまう…という悪循環でした。

クビアク選手に頼るなら、トスをもっと丁寧にあげてほしかったですね…。

取られたセットのほとんどはクビアク選手の1人相撲状態だったので。

豊田合成のスパイクに対するディフェンスもあまり機能しませんでしたね。

パナは元々ブロックが1人旅してしまいがちで、相手が不利な状況で打つのには強いですが、基本的に相手がいい状態だとブロックがザルになるしフロアもおかしな位置で構えていることが多いので。

もっとイゴール選手に対して、うまくワンタッチを取ってディフェンスしているチームがあったな…と思い返しました。

サーブvsレセプションの勝負に見応えがたっぷり。今日は何といっても高松選手のサーブがベスト

しかし、パナはレセプションについては途中で修正していったのはお見事でした。

2セット目までは崩されていましたが、3セット目は対応しました。おかげで、豊田合成のサーブの効果が薄れたように見えました。

クビアク選手も狙われているのにある程度対応していったというか、イライラを抑えて集中していきました。さすがです。

福澤選手と交替して入った久原選手も役割をこなしていて良かったです。

豊田合成は元々レセプションはウィークポイントな部分もありますし、そこをサーブで突けましたよね。

おかげで3、4セット目を取りました。

しかし5セット目になると、豊田合成のサーブのギアがまたさらに上がってくるんですよね。

豊田合成は3セット目にサーブ効果が薄れたと見るや、4セット目はイゴール選手からスタートするサーブはやめてローテーションを回してサーブ効果があるローテーションを探っていました。

そして最後の5セット目にはサーブが本当に素晴らしかったです。

高松選手がこの試合ずっと良かったです。

もう、かっこいい!の一言でした。

今シーズン、パナがここまで苦しんでいるという印象がほとんどなかったので、こうやってクビアク選手にプレッシャーをかける戦い方にするといいんですねと勉強になりました。

最後にサーブを打った久原選手はその前に11-14の状態から13-14まで持っていけたのですが、最後の最後に打ったサーブがリベロの古賀選手の正面で、そこが勿体なかったですね…。

豊田合成が1番点数に結び付けやすいところに打ってしまった…。

この試合はサーブでの崩し合いの勝負の面白さを存分に楽しめました。

 

どちらも優勝候補同士の戦いでした。これがBSで放送があって本当に良かったです。できれば1試合目が良かったですが。

また次の機会を楽しみにしています。

-Vリーグ17/18シーズン, パナソニックパンサーズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.