【Vプレミアリーグ男子17/18】11/5 堺vsJTのミカタ。

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

NHK-BSにて放送があったので、そちらで観ていました。DAZNとは違った視点で会話を拾っているようなので、向こうも観たくなりました。

試合結果

堺ブレイザーズ 0-3 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:堺の迷走は続く…JTも不安定さはあったのだが…

堺については、本当に迷走が続いていると感じます。

しかし、それは髙野選手が抜けた穴というよりはそれ以外の問題であると感じます。

途中セッターを交替したりはしたのですが、恐らく交替して出てきた選手が迷いながらプレーを続けるので問題が改善していかないんだと感じます。

確かにセッターにもトスがニアネットになったり割れたりという問題がありますが…もっと安定しないとスパイカーは打てないでしょうし。

セッターが山口選手のとき、ウォレス選手がかなり無理して打っているようで、ずっと着地で転んでしまうのが気になります。ケガがないようで良かったですが、毎回ハラハラします。

ウォレス選手を活かすなら、佐川選手で行く方がいいのかな…と感じます。

そもそもレセプションも良くないし、トスも良くないし、スパイカーが打てない…ではどうやって点数を取るの?というところからです。

サーブはウォレス選手しか攻めていませんでしたしね。他の選手は入るのは入りますが、JTのレシーブはそこまで大きく崩せていませんでした。

崩せた瞬間があっても、安定していなかったり。それではただのまぐれ当たりですから。

ブロックも、なかなかの博打っぷり…出耒田選手がなぜ1セット目の途中から出てこなくなってしまったんでしょうか。

もう全てにおいて明確さが全くなくて、チームとして迷っていますし、八方塞がりの状態です。

これでは、ひよっこJTでもストレートで倒せてしまう…。

3セット目になるともはやどうにもならなくて、集中力が観られませんでした…。

ひよっこJTは辛くも逃げ切った試合。チームがうまく回るまではまだ時間がかかりそう

ヴコヴィッチ監督もインタビューで若手切り換えによる不安定さを認めていたりしましたが、やはりそうですよね…と納得です。それを覚悟して戦っているんだと思います。ベテラン監督のキャリアが表れますね。

チームとしてまとまっていくにはまだ時間がかかりそうです。

試合をこなしながら成長を促すという方針でしょう。

しかし、今の堺のチーム状況は確かに酷いですが、ここまでわりと手堅く勝ってきていますよね。

エドガー選手もすっかりチームに馴染んだようですし、自分の役割を全うしてくれます。

あとはMBのフラフラをなくしたり、両OHの安定性…など、まだ課題が明確のように見えます。

今後に期待します。

 

両チームのリベロが井上姓だったり、さらにJTは井上慎一朗選手が出てくるし漢字を間違えてしまうし、私も実況で早く対応できるように頑張りたいと思います。