バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

チケット発売情報

Vリーグ17/18シーズン 堺ブレイザーズ 豊田合成トレフェルサ

【Vプレミアリーグ男子17/18】11/4 堺vs豊田合成のミカタ。

投稿日:

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

2試合目…先週ケガをした髙野選手はやはりベンチ外でした。リーグは長いので大事にしてほしいと思います。

現地観戦の方で、髙野選手が自分で歩いていたかどうかの情報だけ、くださると嬉しいです。こっそりTwitterにリプください(笑)松葉杖があったかとか…。

試合結果

堺ブレイザーズ 0-3 豊田合成トレフェルサ

実況

試合のポイント:デュースで食い下がった堺だったが、最後には策が尽きてしまった…

堺は今シーズンもなかなかうまくいきませんね…。

髙野選手が抜けてどうなるかと心配だったのですが、髙野選手の抜けはそこまで影響があったとは思えませんでした。

替わって入ったのが堤選手でしたが、役割をこなしてくれました。

まずは、そもそも千々木選手を2番に置いて当然のようにレセプションを乱されて、伊藤選手に替えてうまくいかなくて戻してっていう無駄を無くさないとこれは良くならないと実感しました。

もうこれは5番の髙野選手を堤選手に替えてもそうなんだから、堺は2番をとっかえひっかえしている場合ではないのです。

ともあれ、千々木選手がスパイクを決めたりサービスエースを取ったりと攻撃参加・点取りの役割をこなしている間はうまくいくんです。

それこそ、全勝中の豊田合成に対してデュースに持ち込んだりできます。

レセプションが乱されると、監督が我慢できなくなるんでしょうね…。

あとはせっかくリードブロックしていたのに、ゲスブロックしてしまったり…2セット目後半辺りから酷いなと思いました。

そして、3セット目になると、もう集中力がなくなってしまったようでした。残念です。

選手交替もスムーズになり、戦力が固まってきた豊田合成。白岩選手が復帰後コンディションが上がってきているのもまた好材料

堺と同じく豊田合成もまた2番に山田選手を置いて、レセプションが安定しなくなれば白岩選手を投入して…と堺の2番と同じような戦い方になっています。

しかし、豊田合成の場合は、崩れません…本当に。

山田選手でも白岩選手でもやっているバレーに変化がありません。

それぞれの役割をきちんとこなしているからでしょうね。

白岩選手は先週まではまだピークまではパフォーマンスが戻っていない印象だったのですが、サーブも徐々に戻ってきているようですね。

サービスエース2本連続!

後半に見せたサーブは以前を彷彿させるようなサーブでした。

山田選手・白岩選手、どちらも起用できる状態が今の豊田合成にはベストのような気がします。

 

小ネタですが、傳田選手と出耒田選手のクイックとブロックの対決もなかなか見物でした。打ったりブロックしたり。

普段仲も良い選手同士のコートを挟んでのやり取りも面白いですよ。このお2人のうまさがあるからというのもあるでしょうが。

堺は全敗…なかなか苦しいですが、今日のJTなら少しチャンスがありそうな予感もします…サントリー戦のようなJTでしたら苦しい戦いになるでしょう。

1レグで出遅れると後半に響きますので、勝てる試合ならもぎ取りたいですよね。

解説は竹内氏で快適でした。

おとなしい方ですが、元プレミアのチームの監督さんでもあったので、プレー1つ1つを幅広く観てくれます。監督目線です。

元はOHの選手だったのでやはりレセプションを特に気にかけますが、セッターやブロックやサーブ、そして采配のこと、コート内のことまで…幅広いです。

監督ならではのもどかしさとか…いろいろあるんだなと昨シーズンは思いました。

竹内氏の解説は「監督ってこういうことを思いながらコートの横で観ているんだな」というスタンスで聞くと面白いですよ。

-Vリーグ17/18シーズン, 堺ブレイザーズ, 豊田合成トレフェルサ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.