【Vプレミアリーグ男子17/18】11/4 パナソニックvsJTのミカタ。

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

1レグも半ばに入り、そろそろ各チームのデータなり揃ってきたところで、相手チームが対策をねってくる頃ですね。

データに拘らずシステムで勝つのが1番強いんですけどもね。

そうなるチームは果たしてあるのだろうか…。

試合結果

パナソニックパンサーズ 3-0 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:チームの完成度がまるで違う。ハイキューで言うと、大人猫とヒナガラスの戦い

この試合は戦術論などなく、チームの完成度・充実度が大きく関わった試合です。

パナは当然といった感じでした。

メンバーも変わっていませんし、スタメンの半分以上が30歳台というかなりベテランのチームです。

慣れたものでしょう。

20代なのは、クビアク選手、深津英臣選手、山内選手…くらいです。

しかしここ2~3年は同じようなメンバーでずっと戦っているチームですので、システムが大きく変わっているわけでもないですし、基本的には変わりません。

そのスタイルを信じて戦っているのは感じます。

今のメンバーでチーム的にはかなり絶頂期に近いというのか…多少落ちてきているとは思いますが、それでも「大人」なチームだと思いますね。

メンバー的にも大分慣れていて、このチームでの戦い方が選手それぞれに備わっています。

JTは完成とは程遠いチーム。爆発すると強さを見せるが、安定はしていない

対して、JTは若返りをはかっています。

主力だった越川優選手がチームを離れ、新たに山本将平選手という戦力は補強しましたが、まだまだ不安定なチームです。

チームとしてはまだ「ひよっこ」という印象。それぞれの選手が新たなチームの柱として活躍していかなくてはなりません。

これまでのヴコヴィッチ監督はそれぞれの選手に役割を明確に与えて、それをこなせば勝てるというチームを作り上げてきましたが、今シーズンはやはりそううまくはいかないでしょう。

昨シーズンは予定していた戦力が整わずに苦戦しましたが、今シーズンはここから成長しなければならないチームです。

ベテランのセッター・深津旭弘選手のセットアップがなかなか安定せず、新加入のエドガー選手の能力を十分に引き出せませんでした。

OHの吉岡選手もそうでした。

今日のこの試合に関しては、セッターは若い金子選手の方が合っていたように思います。

途中何度かセッターとしての起用がありましたが、もっと最初からでも良かったかもしれませんね。

大人なチームに対しては、まずはエドガー選手や吉岡選手などのスパイカーの能力を活かすことから始めなくてはならなかったでしょう。打ち合いの勝負にもなかなかならなかったので…。

しかしまあ、OH2人もまだ安定していませんし、さらにセッターも若くなると他のスパイカーがまだ混乱しますかね…ちょっと金子選手スタートからなども観てみたいと思うのですが…どうでしょう。

明日辺り仕掛けてくるのかどうか…明日は全敗中の堺ですが、勝てるところは確実に勝ちたいでしょうし。

 

パナは変わらないな…と思いながら観ていました。

しかしやはりスパイカーが打てなくなる時間帯がどうしてもまだありますね…そこさえなくなれば、もっと強さを発揮できると思うのですが。

2セット目以降はひよっこJTに点数を取られ過ぎとも思いました。

明日は全勝対決です。豊田合成戦ですね。

これを凄く楽しみにしていたので、どうなるのか凄く気になります。NHK-BSで放送もありますしね。

パナも豊田合成も現時点でチームの完成度が高いチームですので、崩し合いになることが予想されます。

今からワクワクしています。本当に楽しみです!