バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。

Vリーグ17/18シーズン ジェイテクトSINGS 堺ブレイザーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】10/22 ジェイテクトvs堺のミカタ

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

開幕戦も残りこの1試合で全て揃います。

チームの第一印象を全てここに記録しておきます。

長いリーグですので今の結果が全てではなくて、さらにここから修正・発展させていく様子を見守りましょう。

試合結果

ジェイテクトSTINGS 3-1 堺ブレイザーズ

実況

試合のポイント:攻撃力がある両チーム。全てにおいてうまさのあるジェイテクトが勝利

実に男子バレーらしい、両者の1戦でした。

男子バレーを観ているという実感がこの開幕戦の中で1番湧きました。

勝敗は、ジェイテクト側のバレーのうまさに堺がなかなか対応できなかったかなと感じました。

昨シーズンまでとあまり変わっていなかったので…。

堺にも変化はあったが、選手を活かすというところまでは至っていなかった。髙野選手の孤軍奮闘はいつまで続くか?

ほぼ髙野選手で持っているチームと言っていいですね。

しかし、スタートは髙野選手が5番、千々木選手が2番だったのですが、千々木選手は本当に5番タイプで、レセプションに負荷のある2番は得意ではないはずで、そこをベンチがどう思ってこのオーダーにしたんだろうとそもそも疑問でした。

そこは千々木選手から伊藤選手に交替するいつもの悪いパターンもやらかしたのですが、千々木選手から堤選手に交替してから落ち着いたように思いました。

堤選手も打って守ってができるタイプのようです。まだ初めて観た選手ですので、データ不足ですが。

相変わらず髙野選手は頑張ってくれていてですね…ほぼ髙野選手にしか癒されないというのがここ数年の堺です。

もちろん助っ人のウォレス選手はうまいですし、チームを鼓舞してくれますけど、彼の能力を最大限に引き出せないですし…。

采配が…今年もこれが悩みの種になりそうですね。観る側の。

あと「どうして出耒田選手をMBとして出さない?」というのが最大の疑問でした。

内藤選手・竹元選手という布陣はいいのですけど、ジェイテクトの攻撃枚数に翻弄されていましたし、松本選手投入だけじゃなくもっと変化があって良かったと感じました。

頑なに出耒田選手を出さないのはどうしてでしょうかね…。

采配その他のまずさは実況の方でどうぞ…。

あと去年からほとんど修正できていないディフェンス面も苦しいですね…。

ブロックがうまいことになっていましたが…どうなんでしょうね…。

昨シーズンのファイナル6・ファイナル3と変わらないジェイテクト

メンバー的にも変わりませんでしたし、サーブ戦術をある程度感じましたが、それ以外は変わらないという印象でした。

強いですね…。

堺が1番困っていたのが、この場面。

さらにクイックもあります。

攻撃枚数を確保できていたのが、開幕戦でジェイテクト、FC東京、JTくらいですね。パナはまだ個々にという感じ。

特にサイドからの早い攻撃…51、C1、クイック、bickに安定感のあるジェイテクトは強いですね。

51…スロット5(いわゆるレフト)からの1stテンポの攻撃。

C1…スロットC(いわゆるライト)からの1stテンポの攻撃。

2ndテンポなら52、C2など番号が変わっていきます。

特にチャンスボールなどいきなり返ってきたボールでも、攻撃へ切り換えがとても早く、スパイカーがすぐに助走しているんですよね。

1stテンポが見わけがつかないという方は、まずは「ブロックの完成前に打っている状態」と思って観てみるといいかもしれません。

ブロックの手が前に出てくる前にスパイクがもう打たれてしまっているんですよね。

マイナステンポも同じような状態になりますが、そこは徐々に見分けるとして、まず1stまたはマイナステンポかそうじゃないかを見分ける目を身に付けるといいと思います。

マイナステンポなのはほぼクイックですしね…。サイドへは1stか2ndか3rdかですし。3rdはハイセット…いわゆるオープン攻撃なのですぐわかりますし。

日本では速いトスで2ndテンポのコンビバレーが主流ですが、それはあくまで2ndテンポなので実はブロックが完成した状態で打っているんです。

こういう時に解説はよく「スイングが速い」と言うんですけど…スイングは皆速いんであしからず。

「早い攻撃」です。

清野選手はレフティでしかもC1を打ってくる選手なので、相手ブロッカーからしたらブロックの付き方が変わりますし厄介な存在でしょう。

そして、存在感のあるカジースキ選手が前衛からでも後衛からでも打ってきます。カジースキ選手も1stテンポですしね。

クイックはマイナステンポなのですが、両MB共に高さを損なわないしブロックを見ながら打ってくるので、決定力があります。

この攻撃枚数にどう対応するのか?というのはやはり強いサーブが必要になってきます。ハイセットを上げさせてスパイカーをしぼってブロックに跳ぶ…地道にやっていくだけです。

どのチームがそうできるのか?を注目して観てください。

 

まあ、全チームの手の内が大体わかったので、来週からどう対応してくるのか見物ですね。

来週も楽しみにしています。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-Vリーグ17/18シーズン, ジェイテクトSINGS, 堺ブレイザーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.