バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。

JTサンダーズ Vリーグ17/18シーズン サントリーサンバーズ

【Vプレミアリーグ男子17/18】10/21 サントリーvsJTのミカタ

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

シーズン開幕しましたね。試合が始まる前が本当に毎年ドキドキする瞬間です。

どんなシーズンになるのか、今から楽しみです。

試合結果

サントリーサンバーズ 2-3 JTサンダーズ

実況

試合のポイント:エンジンがかかるのに時間がかかったサントリー。JTは途中ややボロが出た試合

開幕1試合目ということで、違った緊張感が漂っていましたね…。

緊張からか序盤は動きが悪かったサントリー。

修正して試合に慣れてくるまでに時間がかかってしまいました。

特に序盤固かったと感じたのはサントリーで、1セット目が14-25という大差で取られてしまいました。

これは主にサーブの差にあったと感じます。

JTは序盤からチームがもう既に大分出来上がっていて、サーブの狙いどころが的確でしたしサービスエースがかなり取れていました。

しかし、それはサントリー側としては、もっと自分達からサーブで攻めないといけなかったですよね。

本当に緊張が拭えていませんでした。

動きが良くなってからのサントリーは20点台になるまでどちらが取るのかわからないくらいの展開に持っていけました。

最後試合を取り切るには、もっと詰める部分がありそうですね。

エスコバル選手へのトスの修正がわりと早めに解決したので、展開が楽になってきたと感じました。

もちろんサーブで効果が出せるようになってきたというのもありますが。

これをもっと早くできるようになりたいですね。

チームの印象としては、選手が変わったりはしていないので、やっているバレーの印象もさほど変わりません。

予想通り、藤中選手が中心のチームに仕上がっていましたが、藤中選手の対角のOHも栗山選手でいって、サーブで崩されると米山達也選手が登場したりと工夫がありました。

栗山選手から米山選手に替わってもチームのベースが落ちていないところが良かったです。前もって準備をしていたんでしょう。

リベロの酒井選手がレシーバー登録で、そこで試合もバックローテーションのみで少ししか登場しませんでしたが、チームをまとめあげて返っていったのでさすがでした。

落ち着きを取り戻すきっかけになったのではないでしょうか。

藤中選手がクイックへ入ったりと、面白い攻撃パターンもあったので、今後も注目です。

後半セットを早く取ろうと勝ち急いでしまったJT。

そして後半に徐々に綻びが出てきてしまったのがJTの方でした。

フルセットまで行かずに試合のケリをつけたかったというのが本音でしょう。

サーブが相変わらず良くて、1セット目からチームの完成度は高かったです。

しかし、セッター深津旭弘選手が替え時かな…と思ってから交替までの対応が少し遅く、なかなか修正には至らなかったのかなと思います。

新加入のエドガー選手ですが、1セット目こそパワフルでかつ短いコースへ打ち落とさない…うまさを見せていました。

そこからだんだんとトスが不安定になっていって、エドガー選手が窮屈そうになっていったのが残念でした。

エドガー選手の力を発揮するには、1セット目のようなセットアップが理想ですね。

相手もブロックで対応してくるところがありますが、そこは焦らずエドガー選手のうまさを活かしたいところです。

深津選手と交替したのが4セット目の終盤で、19歳の金子選手が登場したのもなかなか良かったです。

もっと早くても良かったのではないかと思います。サイドへ伸びのあるトスとbickまで使っていました。もっと観れてもいいのではないかと感じました。

新戦力が爆発。ボロも出たが、チームで戦った。

サントリーはそこまで新戦力っていうのがなかったのであまり書けないのですが…今後気が付いたことがありましたら、追加します。

JTはメンバーがかなり入れ替わり、OPのエドガー選手もそうですが、OHも5番に山本将平選手・2番に吉岡選手と、予想していたもののかなり若い対角だったです。

そこで、たまに経験不足さも出てしまっている場面もありました。

主にスパイク面で、アウトになってしまったりブロックアウトを狙ってもノータッチになってしまったり。

ですが、そこを見逃さずに八子選手や安井選手を投入し、下がった若手にはきちんとどうするべきだったのか説明しているヴコヴィッチ監督の姿がありました。

そしてある程度ベンチに下がって観てからコートに戻ってもまたいいプレーができるんですよね。

この采配がさすがでした。

心配どころはセッターくらいですね…替え時を見極められるのかどうか。

 

両者互角でしたが、チームの今後のまとまり具合によっては変わっていくと思います。

そこはベンチの腕の見せ所ですし、どうなっていくのか期待でいっぱいです。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-JTサンダーズ, Vリーグ17/18シーズン, サントリーサンバーズ

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.