バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

グラチャン2017 龍神ニッポン

【グラチャン2017】9/13 日本vsフランス。チャレンジも見られた、落ち着いていた。けれども、肝心な交替はできない、無策な中垣内監督

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

さすがに連続して緊張しまくりというような試合ではなかったですね。

まあ、連日お通夜のような表情で試合をするということはないだろうと思っていましたが。

大胆なチャレンジも観られましたしね。

けれども、今日のフランスは、完全にいつものフランスではありませんでした。

半分は2軍です、2軍。

そのチームに対して1セットも取れなかったというのは、お世辞にも状況はいいとは言えませんが…。

試合結果

日本 0-3 フランス

実況

試合のポイント:打開策は何もないのか。選手は頑張っているが、ただ負けていくばかり…

今日はまだ決まったら喜んでいたりもしていましたね。

2セット目の序盤から連続ブレイクがあったりして、ようやくとコートが明るくなった時もありました。

もっとコート内を盛り上げていってほしいです。

相手の連続ブレイクがあったりすると表情がお通夜になりますから…。

劣勢の時にどうするのか?という問題はまだまだ選手達を襲ってくるでしょう。

グラチャンは強豪国ばかりなので、そんな状況ばかりやってくきますよ。

今日は采配が良かった部分もあるけど疑問に感じた場面もあったので、取り上げていきたいです。

まずはスタートから①:大竹選手スタートはそろそろ苦しい

出耒田選手が登場して、安定してチームの力を発揮できたと思います。

大竹選手はまだ大学生で若いですし、自分がミスしても周りを盛り上げるなんていうベテラン域の選手のような高度な技術ができるはずもありません。

この辺は、石川選手もそうですがね…まあ、石川選手はキャリアが少しあるので、コート内で盛り上げてほしいところもありますが。

ちょっとこの強豪国と対戦しなければならないグラチャンには荷が重い…とさすがに思います。

スタートは出耒田選手で良かったと感じました。

大竹選手はもっとOPでのキャリアを積んで、たくましくなってから帰ってきてほしいです。

まずはスタートから②:昨日柳田選手がやられすぎたのを見てか、OHの前後を入れ替える…これは逃げ腰&失策

以前、OHの2番と5番がある…という記事を書きました。

参考:【OHアウトサイドヒッター(WSウイングスパイカー)】のポジション・2と5

2番はレセプションで負荷がある、5番は攻撃参加…という特徴があります。

さすがに昨日2番で入った柳田選手はアメリカのサーブでやられました。ご本人は責任を感じていることでしょう。

ですが、石川選手が2番に入ったところで、S6ローテーションでのサーブでいきなりフランスにブレイクされて試合がスタートする…という苦しい展開でした。

フランスは2軍を出してきているのだし、そこは強気で柳田選手2番で良かったです。

石川選手はレセプションをアンダーで取りに行こうとするので、相手の変化のあるサーブでやられやすいんですよね…。

柳田選手はオーバーでのレセプションが板についていて、昨日もサービスエースを取られたわけでもありませんでした。

なんて逃げ腰なオーダーなんだ…と思っていました。

柳田選手自身は、元々5番を多く務めていましたし、5番をこなすのは何ともありませんでしたが。

むしろ余裕もあって、周囲に声をかけたり点数が入ったら喜んだりしていました。あとはサーブ…。

昨日は柳田選手へのプレッシャーが大きかったのですが、今日は石川選手へのプレッシャーというか負担が大きかったです。

石川選手の腰の状態が良くないと実況からも伝えられましたが、冷静さがなかったです。考える余裕があったりなかったり…パフォーマンスが安定していませんでした。

3セット目以降は、完全に考えてプレーしているようには見えませんでした。

柳田選手は元々の5番に戻って自信を取り戻せる機会だったと感じますけど…。

フランスは、元々MBのビッグサーバー・ルルー選手がいたわけでもありませんし、さすがにビビりすぎです。

まずはスタートから③:今日はやっとセッターに藤井選手スタメン

遅いというくらいでしたが。

この試合は藤井選手がトスをあげている間は終始ハラハラせずに観ることができました。

昨日よりスパイクがよく決まるなー…そりゃそうです。藤井選手がスパイカーがほしいトスをあげていたんですから。

もう1人のセッターにも、同じことをさせないといけませんよ、ベンチ。

試合中のチャレンジ①:浅野選手がリベロとして初登場。点差はあったが、雰囲気は悪くなかった

点差が付いてしまったから、替えてみた…という感じがしなくもないですが、浅野選手のリベロ、全然悪くはありません。

むしろよく会話するし、笑顔もありますし、ライン際から踏み込んだジャンプトスまで披露。

※元ブラジル代表のリベロ・セルジオ選手のお名前からついたプレーです(非公式です。私の周辺でそう呼ばれているだけ。他には「ヌガペる」などあります)。ハイキューでは西谷選手が披露しています。10巻くらいですね。

短い間にかなり盛りだくさんでした。

何だかおかしいけど、拾いに行った浅野選手すごい(笑)と。

まあ、こんなこともありましたが、それでも入った効果はあったのでもっと観たいですね。

試合中のチャレンジ②:OH登録された小野寺選手がついに登場!ってブロッカーかい…

せっかく2mのOHを育てる気になったかと思いきや、やはり実戦ではブロッカーのみの起用ですか。

現在MBは山内選手や李博選手が固定で、他のMBにあまり出番がないですからね…。

せっかく2mあるので、起用させるならブロッカーだろう…ってなんて弱腰なんですかね…。

このままの起用が続くのでは残念です。

試合中のチャレンジ③:2枚替え…完全に失敗に終わる

藤井選手が後衛時…それがちょうど相手がセットポイント近くとか、マッチポイントとかそういう場面なのですが、何故かワンポイントで入れるんですよね。

しかし、この采配はなかなか当たりません。

2枚替えというのは、そもそも難しい戦術なのです。

当たるかどうかイチかバチかです。そんな戦い方はこの短期間でしか集まらない、戦力の不安定な代表チームには向かない戦術です。

深津選手がバックローテーションを務めるのですが、あげるトスがニアネットでスパイカーが打てないという状況を作ってしまうんですよね…。

先ほども書きましたが、深津選手にも藤井選手と同じようなトスをあげてもらわないと、スパイカーが何とかできないままです。

これでコート内を乱しては困ります。

大竹選手もうまく2枚替えにハマっているとは思えないですしね…いつまで続けるのやら。

若くして2枚替えの任務は重いです。

試合中のチャレンジ④:高橋健太郎選手の投入◎

李博選手に替わりました。

替えるなら山内選手でもどちらでもいいと感じましたが…サーブの効果がなかった分李博選手だったですかね。

クイックやバックアタックへの反応はいいとは言えませんでしたが、いいワンタッチも取れていましたし、リードブロックをしていましたよね。

スパイクを打っている姿も観たいところです。

石川選手のパフォーマンスが落ちている。どうして替えない?

実況からも「腰痛を抱えている」というお話でした。なんで試合に出すんでしょうね。

それはともかく、今日は久々の2番ポジション…なのですが、ちょっとハマらなかったかなと感じました。

石川選手は、変化のあるサーブにアンダーで取ろうとするのでレシーブを乱されやすく、これはもう苦手と言っていいです。

今日のフランスはビッグサーバーが多いという構成でなかったです。変化のあるサーブで日本を揺さぶってきていました。

フランスのビッグサーバー構成はもっとずっとすごいので、今日はまだまだ序の口です。

イタリアでプレーもしていてリベロもやっていましたが、ほとんどいかせていない…。

もちろんケガの影響はあり、プレーが不安定なことは否めません。

現状プレーできるレベルであっても、ケガがあると試合に出ない期間ができますから、自然と自分のピークを試合に合わせづらくなります。

勘が鈍ってしまうような…。

それで2番ポジションをやる余裕がなくなってしまうんですよね。

アメリカ戦では、途中から山本将平選手が入っても、コミュニケーションを取って2人でレセプションをする位置を確認しながらプレーしていたのを見かけました。

なので、どうもおかしい…と。

リベロに正面のボールに手を出したり…リベロのボールが認識できないまでに余裕がないんですよね。

リベロのボールに手を出して乱されたりすると、相手フランスの思うツボです。

「リベロを狙ってサーブを打っていれば、あのOHがわざわざ動いて拾いにいってレシーブを乱してくれるまたは攻撃参加が遅れる」。そこで負荷をどんどんかけてくるのです。

石川選手は「とにかくサービスエースを取られたくない」…周囲が見えなくなってしまうんです。

昨日の柳田選手も似たような状態でしたけども。

しかし端から観ていると、「仲間を信じているのかな?」と思ってしまうくらい…いやいや、それだけは本当にやめてほしいです。

まあ、1番酷いのは、そんな状態なのに石川選手を交替しなかったベンチです。非情でした。

石川選手を一旦冷静にさせる…という場面がほしかったですね。

前日アメリカ戦では、柳田選手にはそうした(替わりに将平選手の投入)のに、石川選手にはそれをしなかったのは何故でしょう。

とまあ、采配がもうチキンでした。ビビり…逃げ腰…弱腰…。

1日空きます。

どこまで修正してくるのか…残り3試合で1セット取れるかなというような状態ですよ。

何かを替えなければ、どうにもなりません。

このままスタメンを使い続けて負けていくようでは、この大会の為にわざわざポジションをコンバートした選手、そして選手選考に漏れた選手に対して失礼です。

きっちり起用して終わらせてもらいましょう。1試合まるごと、今回呼んだ選手を起用するとか。

腹をくくっていただかないと。ここで選手と心中されては困ります。

まだ1年目のシーズンですよ?東京五輪までまだまだ先がありますよ?

選手生命を預かっているんだということをよく考えてほしいものですね…。

-グラチャン2017, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.