【グラチャン2017】9/8 日本vsブラジルのミカタ。待ってましたのバックアタックとブロックの修正で効果あり。 – バレーボールのミカタ

【グラチャン2017】9/8 日本vsブラジルのミカタ。待ってましたのバックアタックとブロックの修正で効果あり。

今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

結果、完璧とは言えなかったですが、かなり収穫の多い試合だったと感じました。

これはフルセットで負けたとしても、いい点がいっぱいあった試合でしたし収穫なことに間違いはないでしょう。

試合結果

日本 3-2 ブラジル

実況

試合のポイント:相手も良くはなかったが、先日までの課題を修正して試合で発揮できた。収穫の多かった試合

ブラジルはメンバー的に見てベストを集めているというわけではなかったですね。

しかし、前哨戦であるワールドグランプリでは、このメンバーで優勝しています。

だから2軍とまでは言わないと思います。

ただ、今日の試合は明らかに本調子ではなさそうでした。

もっと楽に勝ちたかったところなんですが、なかなかそうはいきませんでした。

日本は問題点が確実に修正できたわけではなかったんです。

それでも、本日はロシア戦を終えて確実に変えてきた部分がとても良かったので、そこを取り上げたいです。

手放しで「ブラジルに勝ったすごい!」とはいきませんが、「全然喜べないってほどでもなかった!」と思いました。

小さな喜びから拾っていく方向です。

攻撃枚数が増えた。石井選手のバックアタックが追加される

これをまず喜ばずにはいられません。

攻撃枚数が増えただけで、ワクワク感が全然違います。

実況解説が「バックアタックを今まで隠してきた」とかおっしゃっていましたが、それはないでしょう…だとしたら、あんまりです。

しかし、本当にバックアタックを使うつもりがなかったのか、打てなかったのかがわからないので、そこは何とも言えません。

石井選手限定というのもおかしな話なので、内瀬戸選手や新鍋選手もバックアタックをお待ちしております。

本数ももっとあっていいです。

1セット1本という頻度ですと、相手は警戒してくれなくなりますから…。

セッター前衛で攻撃枚数が2枚のみなのは変わらず…2セット目を逆転で落とした原因

2セット目は24点に到達してからのレセプションアタックが、石井選手のレフトと奥村選手のブロードしかなかったんですよね。

観ていてとてもツラいローテーションでした。

攻撃枚数を増やそうと、前衛セッター冨永選手→スパイカー野本選手、後衛スパイカー新鍋選手→セッター佐藤選手と2枚替えを行いましたが、デュースに入っていてしまったので、時すでに遅しでした…。

同じローテーションで何度か相手にブレイクで先行されてその後追い付けなくなるというのが4セット目でしたね。

弱点はブラジルに見抜かれていたわけです。

ここさえ何とかなったら、もっと楽しくバレーが観られるのにな…と残念に思うところです。

ロシア戦までは2人の間が空いていたブロック。それを閉じてきて、相手のタイミングに合わせてブロックを跳ぶよう修正された

今日は「荒木選手の日」と言いたくなりましたね。

もちろん奥村選手も献身的にブロックを跳び続けていてがんばってくれましたよ。

ブロックの隙間がなくなるだけで、ブラジルがスパイクをアウトにしてしまったり。

ブラジルに余裕がなくなっていきましたね。

シャットアウトの本数も多かったのですが、ブロックタッチの本数も多く、そこからスパイクへ切り返しがうまくできていました。

ブレイクできるときは大量ブレイクを取れるという試合でしたね。

サーブが効いていたのもありますし、攻撃を限定してブロッカーがスパイカーを仕留める…そういう戦い方ができていました。

理想的です。

OHがガス欠気味。石井選手も悪くはなかったが打数がかさんでいるので気になった…が、総力戦で乗り切った!

ちょっと石井選手に負担をかけてしまったかなと。

交替で野本選手が投入されますが、野本選手もベストとは言えなかったのではと思います。

4セット目で内瀬戸選手のレセプションが乱されて、鍋谷選手に交替しました。その後の5セット目のスタートのメンバーのチョイスが面白かったです。

石井選手や野本選手が務めていた5番のOHのポジションに鍋谷選手、そして4セット目に外れていた内瀬戸選手を2番へ戻しました。

鍋谷選手は打っても守ってもいい選手です。開幕戦は2番でしたね。

その鍋谷選手を敢えて5番だったのですが、体力的にも余裕があったでしょうし、かなり頑張ってくれました。

いろんな選手が出ても戦えるように準備してきたのをうかがえます。

 

明日はアメリカ戦ですね。

フルセットでも何でも、とりあえずぶつかるのみです。

そして、今日の試合のように、いいところを1つでも見出して終わりたいです。

選手達が頑張っていますからね…そこを何とか伝えていけるといいですが…。