バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。

グラチャン2017 火の鳥ニッポン

【グラチャン2017・女子】9/5 日本vs韓国のミカタ

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


昨日は観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

記事を書くのが遅くなりましたが、やはり書くことにしました。

試合結果

日本 3-0 韓国

実況

試合のポイント:初戦。実況解説がちぐはぐなのが気になって試合どころじゃなかったよ。しっかり!

4年に1度しか日テレでバレーはありませんが、それにしてもな内容でした。

せめてメンバーチェンジの意図をしっかり伝えてほしかったです。

戦術面などはもっといいアナウンサーを知っているので、どうしても良くは聞こえませんでした。

1番ポジションの選手は次サーブなのですから、その選手が交替ということはほぼピンチサーバー(ピンサ)でしょと。

岩坂選手のサーブの時に、何度か鍋谷選手が入っていましたよね。

MB同士の交替の時は、サーブ終わってすぐ選手を戻さなかったらその後そのまま残って交替の可能性あるよとか…。

岩坂選手のサーブ時に、島村選手と交替になりましたが、その後は残ってそのまま前衛でも島村選手が務めましたよね。

セッターが前衛でMBの選手と交替したりしたら、それはワンポイントブロッカー(ワンブロ)でしょ…とか。

野本選手と石井選手が交替した時は、OHの選手同士の交替なのですから、バックローテーションのみのレセプション強化の意図を感じますよね。

その辺、実況はバタバタでしたが、解説がもうちょっと放っておくのではなくてフォローを…とも思いましたし。

番組始まった時に、「中田JAPANではゴムひもを引いてそこよりも低く速くというコンセプト」という映像を伝えつつ、その後実況アナウンサーさんが「中田監督は、『速いの意味を勘違いしている。動作や状況判断を早く』など、そういうことだ」などと伝えたり…。

そしたら、オープニングのあの映像は何だったのか…初心者の人にとっては大混乱でしょうね。

中田監督がそのようにおっしゃったのであれば、それは日テレの取材不足ということでしょう。

コンセプトを理解せずに映像を作ってしまったということになりますよね。

この辺が…どうにかならないものでしょうか…。

5戦しかないので、慣れる前に終わってしまいますよ。グラチャンは。

試合内容も少し。

守備に重点を置いたスタメンだが、攻撃枚数が少ないのが露呈している

野本選手…つまりはレフトオープンばかりの時間帯がありましたね。

これでは野本選手を酷使ですね…消耗してケガに繋がったりしてしまいます。

試合終盤で石井選手が登場しましたが、石井選手の試合慣れもそうですが野本選手を休ませる意図があったのではないかと思います。

野本選手が前衛、内瀬戸選手が後衛のローテーションが何気に苦しいんですよ。

逆の場合は、野本選手がバックアタックに入る分攻撃枚数が確保できるのですが、内瀬戸選手はチームでバックアタックを打っている選手ですので、バックアタックは打てるんです。あとは使うかどうかです。

また、ライト側へのトス配分の少なさも気になりました。

MBがライトへブロードに走るしかないと思うのでしょうが、そこでライトからのバックアタックがあれば全然違います。

それを、新鍋選手が入ってるから使えないとするのでは、新鍋選手にも失礼ですしね…。

どうなっているのか…今後の試合を観てみたいと思います。

トスを速くする時はもっと限定させた方がいい。高いトスで勝負している方が勝っている

端から観て、「そこ速くする必要ないのにな」って思う時に限ってトスが速くてスパイカーが助走で間に合っていなかったりします。

スパイカーがきちんと準備できている状態で速い攻撃はまだわかるのですが、そうでなければ味方が振り回されて消耗するだけになってしまいます。

この辺もすぐ修正できる項目ではないのですが、何とかしたらもっと劇的に良くなりそうなポイントです。

 

あとはブロックの間を抜かれ過ぎているところなど…本当にチームのなかなかのちぐはぐでしたが。

残り4試合、無事に終わってほしいと願うばかりです。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-グラチャン2017, 火の鳥ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.