バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。




アジア選手権2017 龍神ニッポン

【全日本男子バレー・龍神ニッポン】アジア選手権 8/1 日本vsカザフスタンのミカタ。日本優勝おめでとうございます!

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


昨晩は観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

昨日は試合終了後、ぐったりしていてすぐ寝てしまい、朝起きたらもうグラチャンモードになってしまっていて、ゆっくり祝う時間がありませんでした(笑)

テレビのニュースを観て、優勝したんだな…と徐々に実感がやってきた始末です。

この大会全体を通して、観て感じたことや課題などの後日記事が書けたら…と思います。

試合結果

日本 3-1 カザフスタン

実況

試合のポイント:カザフスタンにサーブで狙われて対応できず1セット失った。最後は満身創痍な選手達が踏ん張った試合

今の龍神ニッポンにとって、グラチャン前の最後の公式戦となりました。

ワールドリーグ予選3週間、ワールドリーグファイナル、世界バレーアジア予選、そしてこのアジア選手権…休みなしで来ていた選手達には疲労もうかがえました。

最後までよくやってくれました…としか言えません。

カザフスタンのサーブが効いて、1セット取られた。その後レセプションの守備範囲を修正して対応していた

2セット目はまだ日本側のサーブが良かった分取れたのですが、3セット目は日本のサーブ効果があまりなくさらにサーブで攻められて苦しかったですね。

もう、本当に痛いところをよく分析されていましたよ…。

レセプションの位置が、

石川 井手 柳田

で並ぶ場面なんて、本当に苦しかった…ジャンプフローターへの対応です。

ジャンプサーブよりはスピードもないですし浮いてくるのですから…。

解説の大竹氏(お父様)より、「あそこはリベロが積極的に…」と言われていましたし、おっしゃる通りだと思います。

前日同じ場面ではリベロの古賀選手が取りに行っていましたしね。

相手はOHに負担をかけたくてリベロかOHか迷うような場所へサーブを打ってきます。

普通のチームであればそこはリベロが対応するところなのに、龍神ニッポンの場合はOHが取りに行ってしまう…これでは、相手の思うツボです。

柳田選手のレセプションが乱れて井手選手が後ろからボールを拾った場面で、実況の方が「井手が柳田をカバー!」と言っていましたが、それ、逆です。

見かねて、ベンチが柳田選手のバックローテーション時に浅野選手を入れたのですが…。

うーん…。

そういうしているうちに状況を打開できず、4セット目に突入すると、様子が変わっていました。

苦手なサーブに対して、柳田選手が取るのではなく井手選手に替わり対応していたおかげで、同じサーブでも何とかできるようになりました。最初からこうしてほしかったですが…。

誰がどこで指摘したのか…いや、気付いたのか、そういうことばかり気になってしまいますね。

石川選手が大分限界に近かったが、勝ってくれて本当に良かった

タイムラインで、石川選手の着地の様子がおかしいので心配の声がたくさんあがっていました…。

調子よさそうなのは1セット目くらいですね。

着地の時になぜかオーバーランすると言うのか…普通ならジャンプから降りて足を着くとそのままキュッと止まることができるのですが、この日…いや、ちょっと前からですが、足を着いてから止まれずネットに掴まっていたり転んだり倒れこんだりを繰り返していたんですよね。石川選手。

何事もなく終わってくれ…という気持ちでした。別の意味でハラハラドキドキです。

ジャンプから降りた時に足を着いて止まる…この一連の動作は、降りた時に膝に全体重が乗っかるので、膝にとっても負担がかかります。

着地の時に膝はクッションのような役割を果たすのですが、膝に痛みが走っていると、無意識のうちに着地で止まることをしなくなります。

それで前に倒れこんだりします。膝をかばっているのです。

疲労で痛みが来ているのかもしれません。

とにかく「早く試合終われ…!」と観ているこっちも満身創痍に…。

どうか、このまま、痛む姿を観せずに終わってほしい…と願いました。

もう痛そうなのは見るからに痛そうだったので…替えてほしいくらいでしたが。

最後は4セットで終わり、勝ってくれて本当に良かったですが…。

お体を大事に…ゆっくり休んでください…。

他の選手も疲れているのが見えたのでね…本当にお疲れ様でした。

いつもの状態なら、ストレートで勝てそうな相手でしたから。

 

スケジュールをこなすだけでも大変だったと思うのですが…スタートが固定なところがキツいです。

次はグラチャンですね。

どんな姿になって帰ってくるのか…期待が大きいです。

体力アップもしてほしいですしね。痛いところも癒えていてほしいですし。

修正点など、外から観たこと、感じたことはまた後日に書きたいと思います。

 

全選手・スタッフの皆さん、お疲れ様でした!











■DAZN見るなら、Amazon fire TV

■バレーボールの遠征費は、マイルを貯めやすいクレジットカードを持つのがオススメ

・ANA

・JAL

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-アジア選手権2017, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.