バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。

アジア選手権2017 龍神ニッポン

【全日本男子バレー・龍神ニッポン】アジア選手権 ベスト8 7/30 日本vsオーストラリアのミカタ

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

いよいよベスト8まで来ました。予選が何だか長く感じました…。

急遽DAZNでの放送が決まり、DAZN仕事早いな…などと感心していました。

もっと早くから放送してくれても良かったのですが(笑)

試合結果

日本 3-0 オーストラリア

実況

試合のポイント:ようやくオーストラリアを圧倒できた。サーブが走った試合

この対戦はフルセットが多かったので、ようやくと思ってしまいますね。

しかも龍神ニッポンが先に2セットを先取してから追い付かれるというパターンが多かったので、2セット先取できても、チームはまだ気が抜けなかったでしょう。

相手が主力を休ませているとはいえね。

ベンチもやっと胸をなでおろしているのではないでしょうか…。

選手達もよく動けていましたし、いいシーンは私の実況を読み返してもたくさんあるなぁと自分で感心したり。

サーブ効果が良く、それでいてメンバー的にも安心して観ていられる試合だったのですが、気になったこともありました。

クイックのトスが低い。背の高いオーストラリアがリードブロックで対応し始め、嫌な感じはあった

シャットアウトまではいかなくても、触られたりディグされたりするのはちょっと嫌な感じ…と。

クイックの本数はかなり多かったですけれども。

きちんとリードブロックをしてくるチームが相手だったら、クイックがなかなか決まらなくなって、セッターがクイックを使いづらくなってしまうのではないかと…。

藤井選手はクイックが多い方ですけどもね。

試合中にきちんと打点を損なわずに修正してほしかったのが、ちょっと気になったところです。

2枚替えがあまり機能していない。無理して使う必要もないので…

よく見られますけどもね。

いい時はいいのですが、3セット目が1番酷かったですかね…。

3セット目の場面を切り取ると、こんなTLに。

2枚替えを成立させるためだけに、今調子のいい出耒田選手を替える必要はあるのか…?というのは疑問に思いました。

大竹選手がまだ本調子ではなさそうなだけに…と思ったら。

見かねてベンチが早めに対応していたので、セットを取られるということはなかったですし、良かったですけどもね。

2枚替えは難しい戦術で、場面によってはこうして試合を壊し(かけ)てしまうということもあります。

2枚同時に選手を替えるので、両方の選手(特にセッター)の調子も気にしなければなりませんし、片方は良くてももう片方の動きが悪かったりするとこうしてうまく機能しないこともあります。

今日の深津選手はこの場面で入った瞬間にトスが大きく乱れるのを連発していて…。

実はその前の場面でもニアネットなトスをあげてしまっていたりしたので、決まったから良かったじゃなくて、見極めがとても大事ですね。

まあ、その前に、調子の波があるような選手はとても起用しづらいです。

ベンチばかりも責められません。

深津選手は、元々途中から出て行って試合をつくるというタイプではないですね。

セッターは野球のピッチャーと似ていて、先発とリリーフ、ストッパーのように、実はいろいろなタイプがいます。

セッターの場合は、リリーフがストッパーもやったり、リリーフが繋ぎ、ストッパーとして先発が戻ってきたりします。

深津選手は「先発」タイプですね。

実は藤井選手も「先発」タイプ…リリーフは誰がやるんだということで、今は先発の藤井選手で結果が出ているので、藤井選手を先発にしている場合が多いです。

深津選手は、現在「リリーフ」として働いているという感じですね。

それが、元々タイプが異なるため、うまくいかなかったりするのでしょうね…。

リリーフは確かに難しいんですよね…。

プレミアのチームでも、リリーフには経験のあるベテランのセッターを持ってくる場合が多いですからね。

タイプが似ているセッターが2人いて、片方は若手、片方はベテランという風に組んでいるチームもあれば、

タイプが全く異なるセッターが2人いて、先発で行けるところまでいって、違うセッターを入れることでイメージをガラリと替えるというチームもあります。

そういった観察をしてみるのも面白いかもしれません。

ともあれ、コートに入ったら自分の役割をするしかないのですが、本日はさすがに「これではあまりにも…」と思いました。

 

明日はいよいよベスト4ですね。

イランかインドネシアの勝った方との対戦となります。

イランはU23のメンバーをそろえているらしいのですが、シニアがあれだけ強いので、U23とはいえ力は持っているのではないでしょうか。

それでもガチメンの日本が負けていいわけではないですけどもね!

相手はどうあれ、明日は19:00(日本時間21:00)から試合となります。

調子も上向いているようですし、優勝しかないですね!


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-アジア選手権2017, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.