バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。




ワールドリーグ2017 龍神ニッポン

【全日本男子バレー・龍神ニッポン】WL2017 G2 Final 日本vsスロベニアのミカタ。もっと選手を交替しながら大会を戦いたかった

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

ワールドリーグ2017も日本の試合は全て終わってしまいました。

選手のみなさん、スタッフのみなさん、そして観戦したみなさん、お疲れ様でした。

日本はグループ2の準優勝という結果でしたが、近年ワールドリーグではずっと予選落ちで今までになかった成績ですし、課題は多いですが、躍進と言えます。

戦い方の改善が見られたのが大きな変化ですね。

あとはもっとチームとして詰めるところや戦力の補強をお願いしたいところです。

試合結果

日本 0-3 スロベニア

試合動画

実況

試合のポイント:サーブのギアが違ったスロベニア。それに対して、日本はサーブが機能せず…危惧していたことが

確かにサーブにやられた感じはあったのですが、そこまで負けていたかな?と思います。

主にOH2人が頑張ってくれました。

何を思ったのか、今日はリベロが井手選手で、OHは守備範囲がいつも以上に広くて大変そうでしたが。

本当に大変そうだったのですが、レセプションで乱されるところまでは計算の範囲内でプレーするべきでしょう。

トップを目指す上で、こういった内容だったのは悪くはないと考えています。

リベロはせめて鶴田選手にしてほしかったのですが。なぜ途中交替しないで起用し続けたのか…。

スロベニアは個々の能力が高いチームでしたが、チームとして選手の能力を全て引き出せているという印象はありませんでした。

それを考えても、もっと総力戦で戦いたかったですが。

スロベニアに対して中央突破が有効だった。問題は相手がリードブロックに切り換えてから

序盤から、1セット目はあまり良くありませんでしたが、2セット目からはクイックもしくはバックアタック(bick)が有効でした。

ネットから離れた状態からのクイックがあったので、日本は戦えていました。

2セット目はサーブも効果があったので、競った試合ができました。

本日は相手がサイドのスパイカーに対してブロックを2枚つけていたので、ただでさえトスが低くなりがちでサイドは苦しかったのですが、中央突破は違いました。

が、3セット目くらいになると、苦しくなっていきます。

相手がリードブロックに切り換えたからです。

リードブロックで跳んでも高さが追い付いてしまうような相手に、低いクイックは苦しいのです。

ネットから離れた位置からでもクイックを使えるのが今の日本の利点ですが、高さが足りないんですよね…。

高さが十分であれば、ブロックの上からスパイクを打てますから、決まりやすくなります。特に山内選手。

3セット目はクイックがブロックにかかるのが印象的だったかと思いますが、それも高さが解決してくれる問題です。

トスが低くなっていたので、リードブロックに引っかかってしまっていたんです。

柳田選手をもっと休ませたかった…

もう大分限界とお見受けしました。

ボールに飛びついてもなかなか起きれなかったりして、かなり限界でしたね…。

特に柳田選手のサーブに依存している部分が大きくて、チームが浮き沈みしてしまうのは先日もお話ししましたが、その通りになってしまうのでは困るんですよね。

さすがに4週間毎週2~3試合をこなし続け…柳田選手はその前のイタリア遠征からですから、さすがに苦しかったですね。

他の選手に交替するなりしたかったです。

1セット目に浅野選手投入はわかるのですが、トスが悪くてシャットされたのに、柳田選手を戻すのはちょっとよくわからない采配だったなぁと思ったり。

もっと柳田選手に休んでほしかったですね。まあ、予選の頃からですが。

柳田選手のサーブがないと…というくらいの依存っぷりだったので仕方ないということにしてほしくはないですね。

取られそうなセットがあったら、替えて休ませるということをもっとしたかったですし。

世界のトップ選手はこの4週間の過密スケジュールでフル出場している選手がザラにいますし、日本の選手たちが4週間を耐えられるほどのフィジカルが不足しているという部分は否めませんが。

リベロ…ブロック…メンバー選考のし直し、仕切り直しが必須

何度も言うまでもないとは思うのですが…タイムラインでは散々言っていますしね。

MBはもっと出耒田選手を起用しても良かったと思いますし…李博選手、山内選手共々、ブロックで相手に釣られやすいんですよね。

なんでサイドを1枚ブロックで打たせてしまうのか、理解不能です。

ハマったらシャットアウトできるし、それがいいと思っているんでしょうかね…。

リベロは、ちょっと井手選手では守備範囲が狭すぎます。

石川選手もイライラを表に出してしまっている部分があったのですが、怒るのも無理はないかなと感じました。

OHに負担がかなり大きかったでしょう。

浅野選手が入っていた時は、浅野選手が守備の範囲を広げていたので、何となく戦えるように見えただけですよね。

柳田選手や石川選手、井手選手の正面に来たボールも取りに行っていましたしね…。

リベロももっと選手選考をやり直したり補強するべきですね。

セッターも、深津選手が途中で入りましたが、浅野選手に低い伸びないニアネットのトスを送ったり、愛情がなかったですね…。

もっとプレミアにはいいセッターがいますし、考え直してほしいです。

アウトサイドはいい選手はいるので、もっと回して使うべき

アウトサイドは既存の選手達で既に戦えることは見えているのですが、問題は起用法です。

もっといろいろな選手を交えながら全員で戦ってほしいですね。

OPは大竹選手も疲れが見えていました。栗山選手は途中で入るという難しいポジションですが、フォローの存在としては頼りになります。

もっとOHが入ったりしても面白いと思うんですよね。

どうなんでしょう。

リベロの守備範囲がもうちょっと広ければ、もっとOHに負担がなくなって固定しながら戦えるんでしょうが…それにしても、石川選手や柳田選手のフィジカル面もまだまだですし、もっと選手達を回して起用していいと思います。

 

課題はありますが、未来は感じた大会でした。

課題がずっと改善されないのも苦しかったですが、よくここまで戦い抜いたことは収穫だったでしょう。

成績も良かったですしね。

世界バレーアジア予選が7/11からですが、とりあえず選手のみなさんは本当によく休んでください。

今後は選手補強を期待したいところですね。











■DAZN見るなら、Amazon fire TV

■バレーボールの遠征費は、マイルを貯めやすいクレジットカードを持つのがオススメ

・ANA

・JAL

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-ワールドリーグ2017, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.