バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。

ワールドリーグ2017 龍神ニッポン

【全日本男子バレー・龍神ニッポン】WL2017 G2 セミファイナル オーストラリアvs日本のミカタ。冷や冷やした試合。サーブの調子がチームの浮き沈みに直結なう

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

途中ハラハラしました。危なっかしい場面が多かったですから。

ともあれ、龍神ニッポン、ファイナル進出おめでとうございます!

試合結果

オーストラリア 2-3 日本

試合動画

実況

試合のポイント:サーブの調子とチームの浮き沈みが直結している状態。アウェイの洗礼もありつつ、修正ポイントもあった

危なっかしい試合でした。

自分達から出しているスパイクミスも多くて、負けていてもおかしくはなかったです。

5セット目のチームのまとまりを見ていたら、メンタルコントロールはチーム全体で心がけていたのかなと思いました。

しかし、まだあちこち危なっかしいんですよね。

サーブは柳田選手のみならず、チーム全体で浮き沈みが激しい

いいサーブが入っているうちはいいですよね。

しかし、1セット目や4セット目のサーブはちょっといただけなかったです。

狙い通りに打っているのか、どうなのか意図がちょっと見えなかったりしました。

2セット目は序盤から柳田選手のサーブからリードできていい展開に持っていけましたが、問題は困った時です。

サーブ以外に打開策がないのが痛いですね…。

サーブと言えば、5セット目の最後、ですよね。

デュースになり、柳田選手に回ってきたサーブで、明らかに入っているのにサーブアウトのジャッジ。

しかし、最後まで集中を切らさずに戦ってくれましたよ。

一瞬かなりイライラしたのは伝わりましたが(笑)、確かに怒ってもいいのですが、プレーは続くのでね。

幻のサービスエースになりましたね。

柳田選手のサーブだけに頼らず、石川選手やOP・大竹選手or栗山選手のビッグサーブが柳田選手と同等くらいになるとこんなに試合は長引かないと思うのですが…。

5セット目なんかは柳田選手もさすがに疲れているなと思うほどだったので、余計にですね。

セッターを替えられない問題

藤井選手はたまにサイドへのトスが低くなったりしてしまうんですよね。

スロベニア大会の頃からずっと出っぱなしなので、疲れもありそうです。

しかし、そんなときに藤井選手を交替させてあげられないのがもどかしかったです…リベロは鶴田選手から井手選手になっていましたが。

一旦コートを退いて試合を観て修正点をあげていくのも必要なことです。

今龍神ニッポンが抱えている問題は、藤井選手を替えないのが良くないというわけではなくて、藤井選手の替わりになるようなプレーをできるセッターがいないということでしょう。

深津選手は一応いますが、入ると悪化しますものね…。

これでは起用できないという判断になるでしょう。

自分の技術だけではなくて、チームに求められていることをできているのが藤井選手ですから。

セッターは追加で呼んで、選考し直すタイミングがほしいですね。

やはりブロックがばらける…

本当に、せーの!で跳んで2枚ブロックが揃っている…というのをあまり見ないですね。

タイミングが合っていないのもありますが、そもそも1枚で打たせちゃいけませんよ。

ぴょんぴょんして…そこが困るところです。

そんな中、変更してきた点も見られました。

レフトとライトのサイドの選手がブロックをスイッチしていた部分ですね。

まあ、それくらいなんですけど(笑)

山内選手がブロックの腕を前に出すようになってきたのはいい傾向だなと思いました。

助走をつけるときに腕を振っている場面もありましたし、フォーム改善中…だと思いたいです(笑)

ブロックとフロアが連携してディフェンスをする意識がほしいですね…。

まあ、徐々には良くなってきているのかもしれません。

出耒田選手がブロッカーとしていいシャットアウトやワンタッチを見せてくれたのが唯一の救いです。

なぜこんなにも起用されないのか…。

ラリー中にバタバタ…いい状態を作り、1本で決めたかった場面が多々…

焦りもあったように思います。

ノーブロックだったりするのに、1本でスパイクを決められないのが本当にもどかしくて、勿体ないと思いました。

いい状態を作り出すということが大事です。

ボールを返す時は助走を確保するために高くふわっと返したりですとか。

速くしようとしているのか、本当にバタバタするので、見ていられない場面もありましたし。

チャンスボールは誰が取って、スパイカーができるだけ攻撃参加!ですとか。

「え?それ今確認するの?」とは思いましたけども…。

まだまだ詰められていませんね。完成には程遠いですが、勝てているのは救いです。

良かったところも…石川選手が修正してきている

まだ万全ではないのか、サーブはまだ今一つかなと思うのですが、スパイクは良かったです。

先週までは踏切の位置がネットに近くて、ニアネットのトスを要求していてトスがネットから離れてくるので仰け反ったりしていたのですが、本日は踏切を全体的に下げて打っていたのが良かったですね。

今年の龍神ニッポンは、チーム全体的にトスはなるべくネットに近付け過ぎないというコンセプトのような気がするんですよ。

それに対応できたかなと。

もちろん藤井選手のトスも低くなったりニアネットになったりネットから離れすぎたり不安定な時もあって、尽かさず石川選手から修正を促していた姿も見かけましたし。

コミュニケーションは大事です。

 

明日はいよいよファイナル…!決勝の舞台へ進みます。

私の中では、「今年は残留までかな」と思っていたところもあったのですが、あれよあれよと勝ち進みました。

決勝の相手はスロベニアです。

高崎大会2日目と同じ相手ですね。

柳田選手のサービスエース2本連続で逆転したあの試合の相手です。

ここまで来たら勝ってほしいですね。

疲労も見られるので、総力戦でお願いしたいです。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-ワールドリーグ2017, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.