バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。

ワールドリーグ2017 龍神ニッポン

【全日本男子バレー・龍神ニッポン】WL2017 G2 6/17 日本vsトルコのミカタ。ブロックのおかげでディフェンスが機能しない日本。救ったのは柳田サーブ!

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

高崎大会に続き、格下のトルコとの対戦です。

もうちょっと楽に勝てるかなと思っていたのですが、そうもいかなかったですね。

ここでサクッと勝てると強豪へ近付くと思うのですが…。

試合結果

日本 3-2 トルコ

試合動画

FIVBのはトラブルがあったのか、3セット目からしか残っていません。

YouTubeに非公式であった動画はフルマッチが観られるので、そちらを探した方がいいかと思います。

実況

試合のポイント:ブロックが全く機能していない問題。そして本当に柳田選手のサーブのおかげ

柳田選手のサーブが良かった…!

柳田選手が代表にいてくれて良かった…!

本当にこれに尽きます。

柳田選手のサーブは昨日とは違って、相手のライト側へ、1番長いコースへ打って効果が出ていました。

他はいいところがあまりなかったんですよね…。

石川選手が最多得点らしいのですが、失点もかなりあったし、活躍したとは言えないのでは。

石川選手は特に5セット目など集中しているときはいいのですが、そうでない時は冷静さを欠いている状態です。

自分自身のコントロールをしっかり…。

もう代表の歴は中堅に入ってくるので、まだ若いからと甘やかしませんよ。

ベンチも起用しづらいでしょうね…これでは。

ケガの影響の浮き沈みならまだ考えられるのですが、そろそろ体が動けるようになってきた中、レセプションやスパイクで集中が見られない時間帯があったので気になりました。

代表を引っ張って行ってほしいのですがね…。

本日はちょっと変更があったOH

実は、本日はちょっとした変更があったんです。

石川選手と柳田選手の前後を入れ替えてスタートしたんです。

柳田選手のサーブからですが、そこで大きく影響したのがレセプションでしたね。

苦手というか、まだ調整段階なのかもしれません。今日はちょっとお試しというような印象を受けました。

OH(WS)の前後の違いというのは、主にOPがレフト・OHがライト前衛でスタートするポジションを試合中に経験するかどうかという違いがあります。

ライト側でレセプションをして、そのまま前衛に攻撃参加をする…というちょっと負荷のかかるローテーションがあります。

なんで負荷がかかるのかというと、ちょうど他のポジションの選手達が周りに多く重なっているんですよね。

ライトからスパイクを打つことよりも、レセプションをしづらいローテーションがある…といった感じですね。OHに負担になります。

昨日は山内選手がサーブで相手にそれをやっていたわけですが。

今までやってきた方は、OHの選手が前衛ライトのローテーションでレセプションをする場合、中央でレセプションをしてレフトへ走っていくので、ライトから打つことはあまりありません。

パナでプレーしているクビアク選手なんかは、中央でレセプションしてからそのままクイックに入りますね。

しかし、柳田選手がワールドリーグを通しても、このポジションをやっていたのはほとんど見たことがなかったです…。

浅野選手が対角だったスロバキアラウンドでも浅野選手が前衛ライトで打つポジションをしていましたから。

この辺がまだ調整できていないというか、石川選手と柳田選手のどちらがいいか迷っているような印象でした。

石川選手の状態がもっと良ければ、石川選手の方がどちらかと言えばレセプションはいいので、石川選手…だとは思うのですが。

サーブを打った後にやってくるライトでのレセプションの場面で、サーブで柳田選手が狙われてしまう場面も。

3セット目以降は試合後半でその場面に浅野選手を投入したりと工夫が見られました。

現在ビッグサーバーの柳田選手は外せないという状況なので…もちろん本来ならばそういった状況は作らないでほしいのですがね。

誰が入っても戦えるチームにはまだほど遠いのかなと。

ザルブロック問題…

柳田選手のサーブが走っている時は勝てる…!は困ります。

柳田選手だって、いつもサーブがいいとは限りませんし、強いサーブでも効果がない場合もあります。

そんなときは、サーブ&ブロックなどをきちんとしていきたいのですが、ブロックが…。

困ったものです。

山内選手と李博選手の対角なのですが、残念ながらどちらも機能しているとは言えません。

山内選手はまだまだ素人状態ですし、李博選手はぴょんぴょんが多くてサイドへ寄れないという残念な結果に。

せめてぴょんぴょんを辞めないと、明日は中国戦。

中国は打点が高いのですから、ぴょんぴょんなんてしてたら負けてしまいます。

リードブロックをもっとやらないときつい試合になるでしょう。

ディフェンスの修正が必須ですね。

今日なんかは相手がスパイクをミスくれていましたが。

ううーん…また柳田選手のサーブで頼るしかないのでしょうか。


■DAZN見るなら、Amazon fire TV

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

Fire TV Stick (New モデル)

posted with カエレバ

Amazon 2017-04-06

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入

7netで購入

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

posted with カエレバ

Amazon 2017-10-25

Amazonで購入

楽天市場で購入

Yahooショッピングで購入
7netで購入

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-ワールドリーグ2017, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.