バレーボールのミカタ

「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語るバレーボールの見方。




ワールドリーグ2017 龍神ニッポン

【全日本男子バレー・龍神ニッポン】WL2017 G2 6/11 日本vs韓国のミカタ。相手の心を折るサーブで攻め続けた

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket


今日も観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

高崎大会、3連勝!!

龍神ニッポンおめでとうございました。

試合結果

日本 3-0 韓国

試合動画

見逃しても後から見られます!

実況

試合のポイント:サーブ効果で両チームに差があった。日本のサーブ効果の方が高かった

不器用なのはお互い様…というチーム同士の対戦でしたが、大きく差があったのはサーブです。

日本はチームで狙う場所を徹底していました。

実況の新タアナウンサーもおっしゃっていましたが、特にジャンプフローターサーブで「相手のバックアタックを封じる」という狙いがありました。

石川選手も出場して、相変わらずジャンプフローターでしたが、人が密集している位置やバックOHを狙っていて、狙いが徹底されているなと感じました。

ジャンプサーブはまだ解禁が早かった気もしますが…。

柳田選手にはジャンプサーブでエースを狙う位置ということだったと思います。

リベロとOHの間など、位置は毎回工夫していましたしね。

大竹選手にはあまり指示がないようにも思いますが、とにかく強く打つということを徹底させているように見えました。

おかげでサービスエースもありましたしね。

韓国のサーブが効果的ではない…

韓国の選手達はフィジカルがいいように見えます。

だからジャンプサーブは入れば強烈ではあるのですが、いかんせんリベロの正面に行ってしまっていたり。

柳田選手が人と人の間を狙ったりコースを打ったりしているのとは真逆でした。

おかげで日本はサーブで大きく乱されたということはなかったですね。

乱れてもまだ修正できる範囲でした。

サーブはただ強く打つのではなくて、戦術ときちんとフィットさせることが大切です。

日本は韓国の自滅を誘うことができました。

策のない相手でやりやすかったでしょう。

やはり石川選手の体調が不安です…

もって2セットなのかもしれない…と思いました。

3セット目の石川選手は精彩を欠いていましたよね。

「腰に不安もありますが…」って、じゃあなんで出すんだって思います。

石川選手が出なくても勝てた相手ですよね。

つぶされませんように…祈るばかりです。

今日はあの状態でも交替させないとかベンチに怒りを覚えましたが、韓国が自滅状態だったので良かったですが、劣勢だったら替えていたんですよね?

そう信じたいです。

ブランコーチがバンチリードブロック推奨らしい!って「え?」

新タアナウンサーが教えてくれたのですが…。

まだ無駄にぴょんぴょんしちゃうんですよね…。

しかし、本日は韓国のコンビバレーに対して結構リードブロックで対応できていたと思います。

時間差バレーにはバンチリードブロックが有効ですからね。

徹底まではできていないといった感じでしょうか。修正してほしいところです。

 

次回は中国へ場所を移し、金曜日から3連戦です。

オーストラリア、トルコ、中国との対戦です。

全勝できれば決勝ラウンドも見えてくるので、楽しみですね。

オーストラリア、トルコとは既に1度戦っていて、いずれも勝っています。

1度対戦しているといろいろと対策をしてくると思うので、それにうまく対応していきたいですね。

中国とは今年初の対戦になりますが、どう戦うか見物です。

くれぐれも無理は禁物です。あくまでも来月の世界バレーアジア予選にピークをもっていってほしいです。











■DAZN見るなら、Amazon fire TV

■バレーボールの遠征費は、マイルを貯めやすいクレジットカードを持つのがオススメ

・ANA

・JAL

■おすすめ記事セレクション

1.私の自己紹介

2.攻撃参加意識についてハイキュー!!を交えながら考える

3.バレーボール観戦方法まとめ

4.ケガをしていても無理して試合に出場するのは素晴らしいことなのかどうか…ハイキュー!!では?

5.これからの日本代表…海外経験とは言うけれど、本質を見失っているような気がする件

6.「サーブレシーブが乱された」はもう負けの言い訳にはならない

7.まだ「サーブミスが多かった」なんて言っているの?

■ハイキュー!!最新刊&おすすめバレーボール雑誌

■相互リンク中!バレーボール・スクエア様

バレーボールファン皆さんと一緒に作っていくサイトです。

-ワールドリーグ2017, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2017 All Rights Reserved.