バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

ワールドリーグ2017 龍神ニッポン

【全日本男子バレー・龍神ニッポン】WL2017 G2 6/2 スロバキアvs日本のミカタ

投稿日:

夜遅い中、観戦お疲れ様でした。バレーヲタのリオです。

私は一度仮眠を取って挑みました。

Amazon Fire TVを使って、テレビで観戦することができました。

いつかテレビ放映はなくなるんじゃないでしょうか…いつまでも放映権などに拘っていては、なくなりますね。

とりあえず、日本でもきちんと観ることができて嬉しい限りです。

試合結果

スロバキア 3-0 日本

試合動画

※ワールドリーグは去年から全試合Youtubeで配信となり、いつでも試合を観ることができます。

夜遅くても見逃しても大丈夫!

実況

試合のポイント:互角というか、勝てる試合だった。ビッグサーブの数とセッターの安定感が足りない

スロバキアは世界ランキング29位のチーム。

日本は世界ランキング14位。格上というか、本当にきちんとメンバーや戦術を整えたら、普通に勝てる相手だと思いました。

スト負けするはずはなく…いろいろ揃っていないにしても、もうちょっと食い下がってほしかったなというのが本音です。

日本のサーブが弱い…

国内リーグではイゴール選手やカジースキ選手のような強力なビッグサーバーを相手にしているのですから、それに比べたらスロバキアはサーブがそこまでではなかったですよ。

しかし、日本はというと、安定してサーブで1点が取れる選手が柳田選手のみ…。

この辺がどうも苦しいです。

日本のジャンプフローター勢も崩してはいたようですが、やはり完全に相手の攻撃枚数を減らすことができませんでした。

スロバキアの方が、レセプションが乱された時の対処がうまくて、スパイクに繋げてブレイクされるのを防いでいたんですよね。

対して、日本はサーブでレセプションが乱されると、そこからスパイクへ繋げることが完ぺきではありません。

打ってもフェイントになってしまったり…スパイクに繋げられている時は1点が取れてる場面もありましたから、安定させていきたいところです。

この辺がな…と。

日本のジャンプサーブ勢がもっと強力にならなくてはなりませんし、ジャンプフローター勢も甘いコースへ打っていては崩してもサイドアウトを取られるのがオチです。

20点以降まで食い下がることはできても、その辺でなかなか追いつけない・追い越せないのはサーブが原因だったと感じています。

鍵を握っていたセッター

スロバキア大会ではキャプテンの深津英臣選手、そして初代表の藤井選手が登録されています。

しかし、スタメンで入った深津選手が序盤から安定しませんでした。

前衛スパイカーで特に浅野選手がシャットアウトされてしまう場面が目立ちました。

トスも凄く速くて低かったです…。

スパイカーが相手ブロックを見ながら打てるトスを…とずっと思っていました。

ベンチの対応はというと、タイムアウトで一旦ブラン監督代行から深津選手へ話し込んでいる場面が見られました。

その後改善が見られないと判断したのか、1セット後半から深津選手から藤井選手へ交替となりました。

早めの決断で良かったと思います。

藤井選手はというと、序盤はいろいろ考えていたものの、だんだんとその場しのぎのトス配分に変わっていたのが残念でした。

柳田選手は確かに調子が良かったですが、それでも打数がかさみすぎると連戦で苦しくなりますから…。

この辺も経験が必要ですね。

シャットアウトされていた浅野選手が藤井選手に替わってからスパイクが打てるまでになっていたのは救いでした。

ブロックも確かにいろいろと思うところはあるのですが、最初からセットアップの安定感を求めてはいけないのでしょうか…。

と、やはり。

国内にはまだいいセッターはいるので、各チームから呼んで、本当にスパイカーを活かせるセッターは誰なのか?を試す必要があったかと思います…。

今ワールドリーグに登録されている、深津選手・藤井選手・関田選手だけではあまりにも選択肢がないし、この試合のように困った時には立て直しができるメンバーとは思えません。

今後も見守りますけど…。

石川祐希選手、登場

1セット目後半に浅野選手に替えて石川選手は前衛ローテーションを任されたと思います。

またはピンチブロッカーで登場した時はシャットアウトに貢献する場面もありました。

しかし本調子からはまだ遠いかと思います…これから徐々に取り戻して行くのでしょうか。

何にせよ、今年大事なのは7月からの世界バレーのアジア予選ですので、無理なさらず…と思いました。

-ワールドリーグ2017, 龍神ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.