バレーボールのミカタ

バレーを気持ちで語らないブログ。「ハイキュー!!」も現物も。年間100試合近く観戦するバレーヲタが語ります。

Vリーグ16/17シーズン Vリーグ全般 火の鳥ニッポン

岡山シーガルズの件。プロ・バレーボールチームとはどういうものなのかを考えさせられる。

更新日:

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
LinkedIn にシェア
Pocket

どうも。また勝手に休暇中のリオです。

アイドルヲタクを満喫中です。

なんかここ数日バレー界隈は不穏なものを見てしまったりして、どう絡んでいいのかわからなくなってきていますが。

しかし、諦めてはいられません。

全く触れないのもなと思いまして、今回は考えたことをつぶやく形式で書いてみたいと思います。

市議さんが、岡山シーガルズ報告会についてFacebookで愚痴っていた件ですね。

まあ、その人を落とし込みたいわけではないので、詳しくは割愛しますね。

岡山シーガルズは来シーズン、Vチャレンジ・リーグへ

現状、国内リーグの女子は入れ替えが激しいです。

今年も2チーム入れ替わりましたし、前回も…ここ数年はずっとですね。

プレミア下位とチャレンジ上位のチームは力の差がなくて、拮抗しているということですね。

岡山シーガルズは今まで1度もチャレンジ・リーグに落ちたことがないチームですから、この成績は不甲斐ないものと言えるでしょう。

現在バレーボールのクラブチームの中ではプロチームとして活動している、本来ならばプロ化に向けてモデルとなるチームです。

選手達は普段会社勤めはしていない、そんなチームなんですよ。

で、ですね。

岡山のようなプロチームのプレミア→チャレンジⅠの名誉など以外に考えられるデメリットを洗い出してみる

私は国内リーグの運営の全てを知るわけではないですが、考えられる範囲のことをあげてみようと思います。

  • 単純に収益が落ちる。プレミアとチャレンジでは会場規模や集客力が違う
  • チャレンジリーグは全試合放送などないので、チームの中継での露出が減る
  • 露出が減ることにより、ファンに認知されにくくなるかも
  • スポンサーやファン離れの恐れ

チームの運営に致命的な部分を無視できないと思うんですよね。

「それがどうなんだ」と言える問題とは思えませんね。

これがクラブチームではなく企業チームだったら、スポンサー企業の後押しがあるからいい…いや、いいのかはわかりませんが、一応デンソーエアリービーズや上尾メディックスは1シーズンチャレンジで戦い、そして這い上がってきています。

市議の言っていたことはめちゃくちゃだが、もし「この成績なら来シーズンは面倒みない」とスポンサーに言われたら?

まずはこれ…とは思うんですが、チーム側に全く落ち度がないかと言われたらそうは思えないんですよね…。

やはり結果が出ていないですから。

市議さんの書いていたことはめちゃくちゃだったし、どうしてこの人が当選したんだろうとさえ思いますが、真っ向から成績についてツッコミを入れられたらどうするつもりだったの?と思うんですよ。

チーム運営のスポンサーには税金も入っているようですから、気分を害さない程度には多少お付き合いも必要なんでしょうしね。

プロチームにとってチャレンジ降格は誉められたものじゃないですし、海外のクラブチームを見ていても成績についてはとてもシビアです。

書かれていたことについてはチームにはお気の毒とは思うのですが、結果がきちんと出せていたらこんなことを言われなくても済んだのかな…とも思います。

やはりお金をもらってチームを運営しているわけですからね。

プロチームは結果をもっと求められるはず…だから勝利のために頑張るのだと思う

私も長年企業に守られた国内リーグを見ている甘い人間に過ぎませんが、成績が悪くてもチームがなくなったり、スタッフや選手が解雇になったりしないのは、やはりそれだけ甘いんだと思います。

プロの世界はもっとシビア。

イタリアリーグで石川選手を見ていた方はわかるかと思いますが、Latinaではシーズン中でも監督がクビになったりしましたよね。

石川選手も怪我がありすぎましたし、これでは留学でなければ途中クビでもおかしくはないと思っていますよ。

試合に出るからには、勝利を求められるのが当たり前。

日本の場合ですと、これが決定的に足りないですよね。

成績が悪くてもスポンサーやファンから疑問の声が少ない…少なすぎます。

普通のプロチームなら、監督はクビですよ。いや、本当に。

成績不振はスポンサーやファン離れにも繋がりますからね。そんな監督をずっと置いておかないですよ。

野球やサッカーでもそうですし。バスケットもプロ化でこういったことが進んでいくと思います。

今回はたまたま発信者にも落ち度があって表面化しましたが、プロ化を目指すならばスポンサーや地域、ファンとのお付き合いは欠かせませんし、チームは結果をプレゼントしてほしいなと。

それが理想のプロチームなんではないかなと。

バレーにこれがやってくるのはいつになることやら…。

-Vリーグ16/17シーズン, Vリーグ全般, 火の鳥ニッポン

Copyright© バレーボールのミカタ , 2018 All Rights Reserved.